NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

北欧の妖精”トムテの妖精”ルームシューズ

母でも手軽に編める物を探していて
"トムテの妖精”のルームシューズを見つけました。
1目ゴム編みをまっすぐ編んで閉じるだけ♪
毛糸の色あいが北欧風
e0043548_13201250.jpg
並太毛糸と6号針利用  
バルキー調の糸をセリアで見つけ編み始めました。


[PR]
# by NPHPID | 2018-10-09 12:49 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-8

”松本市歴史の里”へ

敷地の裏には白いそば畑が広がっています。
途中には黄金の稲穂と白いそば畑が連なっていました。
新そばはもう少し後ですね。
e0043548_15212017.jpg
e0043548_15295562.jpg
重要文化財 旧松本区裁判所庁舎
e0043548_15322339.jpg
明治後期の区裁判所庁舎の典型的な特徴をよく示しています。
全国で数多く建てられた和風の裁判所建築のうち、最も完成度が高く、歴史的価値が高い。
e0043548_15341016.jpg

明治憲法下の裁判を模擬体験

osumi「私は 何もやっていません!」
旧松本少年刑務所独居舎房、旧昭和興業製糸場、
工女宿宝来屋(松本市重要文化財)
e0043548_15375490.jpg
明治から大正にかけては、飛騨地方から諏訪・岡谷の製糸工場へ向かう
工女たちが大勢宿泊していたそうです。

江戸時代後期、松本と飛騨高山を結ぶ野麦街道沿いの集落、
旧奈川村川浦に、旅人宿として建てらものだそうで
豪雪地帯の地で板戸一枚でどのように暖をとっていたのでしょうか。
色々な分野の建物興味深く見学しました。
        Sちゃんの毎回の訪問地の設定大変だと思います。
       いつも新鮮で楽しく学ばせてもらっています。 
      次回は10月初旬を予定。ケガ無く元気で会うことを約束し大町合宿は終了しました。
          高齢の親の介護、孫の世話に1年頑張って過ごしましょう。

[PR]
# by NPHPID | 2018-10-05 15:48 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-7

最終日
道の駅”ほりがね”地元の朝とれの野菜などが扱われています。
安曇野ワイナリ-へ
e0043548_15073331.jpg
ヨーロッパ式のワインように仕立てたブドウだな
運転手以外は 試飲ができます。 フルーティなワインをいただきました。次回は車で来て購入したいです。
e0043548_15090922.jpg
e0043548_15155416.jpg




[PR]
# by NPHPID | 2018-10-05 15:17 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-6

e0043548_16260747.jpg
e0043548_16263485.jpg
e0043548_16265408.jpg
カエルの擬態分かりますか?
登山が趣味のKさんが花の名前や特徴などを説明してくれました。
雨の予報もでていましたが無事散策終了。
あまりお腹が空いていないけれど・・・最初に見つけた食事処に入ることにして出発
安曇野名物巨大”ダムカレー”
e0043548_16303278.jpg
ご飯の堤防、カレーの水面堤防の奥にはカツ!
誰が食べたか  やはり活動的なSちゃんとKさん

満腹のお腹を抱え大町温泉郷の
    ”薬師の湯”の旧温泉館体験風呂 地元の人達愛用の硫黄泉、重そう泉、単純泉 高温で身体をならしならし入浴
      登山客のザックが廊下に沢山おかれていたがみな新館へ行っているようで貸し切り状態でした。
          高瀬渓谷の葛温泉から大町の平地部まで引湯して、
          大町を湯の町に温泉郷が開発されたが
          今は閉館になっているところも多いそうです。

[PR]
# by NPHPID | 2018-10-03 16:48 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-5

散策組は さの坂の親海(およみ)湿原へ
案内版によると雪解けの頃に福寿草はじめ 様々な花が咲くようで
9月の湿原は寂しげ
e0043548_16275900.jpg
親海湿原は、標高750mにもかかわらず、亜高山帯から高山帯にかけて
生息する低層・高層の湿原植物が大変豊富です。
e0043548_16283414.jpg
親海湿原の北側にある荒神の森を隔てて、姫川の源流があります。
ここの涌き水を源とする姫川は、58kmの距離を国道148号線と並行して流れ、
新潟県は糸魚川市の河口から日本海へと注いでいます。
e0043548_16290905.jpg
e0043548_16333747.jpg
e0043548_16295141.jpg
この神社は、甲斐源氏の流れをくむ長澤伊勢守源長信が、正安2年(1300年)に出雲大社にお願いして建てた神社で、
その後一時荒廃したものを、弘治2年(1556年)長信の子孫、長澤弥兵衛信正が再興し、
さらに嘉永6年(1853年)長澤佐五衛門と同族12名によって改築され、現在に至っているそうです。

e0043548_16300620.jpg
姫川源流は、昭和50年代に整備されるまでは「荒神の清水」と呼ばれて人々に親しまれていた.
塩の道を行き交う人々はここで喉をうるおし、荒神社に旅の無事を祈ったそうです。

古くからの路のようでひっそりと趣のある場所でした。



[PR]
# by NPHPID | 2018-09-30 16:34 | Trackback | Comments(0)

親指粉砕骨折

筋トレ後 会議用テーブルの並び替えの時テーブルが右足親指を直撃
粉砕骨折 出血が結構あり縫合 添え木で処置.
添え木がとれるまで3週間の診断
e0043548_22194971.jpg

10月の舞台は×に月曜日にリハーサルしたのに
痛みよりみんなに迷惑かける方がショック
   イタリア人が好きな”カンノーリ”から着想を得て作られた
   グラマシーニューヨークノ”シチリア”
e0043548_15463780.jpg
     8月の暑さで家に閉じこもりウエイトオーバー気味なのに
                 動けなくなり更に増えそう危険です。


[PR]
# by NPHPID | 2018-09-29 22:23 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-4

2日目朝食
e0043548_21071989.jpg
女性陣のアイディア料理で豪華な朝食に オム焼きそば、肉入り味噌汁、
ぴかぴかの新米ご飯 N君が弟さんが作ったコシヒカリの新米を持ってきてくれました。
Y君 の定番お土産鱒寿司。 朝から凄いボリュウム。みんなに釣られて完食!

今回はゴルフ組と散策組の二手に分かれての行動です。
曇り空ですがなんとか雨には降られずにすみました。


[PR]
# by NPHPID | 2018-09-28 21:16 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-3

バーベキューコーナーの後ろのヤマボウシの赤い実も食べられるようです。
 隣のブルーベリーの試食が先コスモスも
咲き揃っています。
毎年増える作業小屋

e0043548_12055431.jpg
e0043548_14321745.jpg
8月にオーナ-婦人Sちゃんから「毎日草刈り中」のメールに
「草刈正雄が5名行くのでなんなりとお申し付け下さい。」
のH君の返信。
オーナー「男性陣手伝ってもらえるかなぁ」
2日目3日目出発前男性陣は 農機具置き場づくり
「一人では屋根を上げるのが大変なので助かった」

昨年はお芋掘りをしているオカラを見ていた男性陣
「ボーッとつったってんじゃ無いわよ!」と
チコちゃん級の言葉を投げかけられシュンとしていたのですが
今年は大活躍、お疲れ様
次回は男性陣が一食つくるはなしもでています




[PR]
# by NPHPID | 2018-09-27 12:13 | Trackback | Comments(0)

第6回 大町合宿 2018-2

荷物を下ろし ちひろ美術館先のすずむし荘の温泉へ
駐車場の脇に大きな銀杏の木がありますが まだ熟していないようです。

入浴後 買い出しチームと山荘のバーベキューの準備チームにわかれ行動。
2回分の食材とビールお酒類 一升ビン入り五一ワインは必須
オーナーの手作りバーベキュー場
正面は白馬  昨年は1ヶ月遅くて寒さに震えながらのバーベキューでした。
e0043548_10202133.jpg
e0043548_10204166.jpg
Y君が半年掛けて渓流釣で釣った岩魚 2匹/人+骨酒
今年は魚グリルでおおよそ温め仕上げを薪で焼き上げました。
今年の〆はSちゃん作成のにんにく入り塩焼きそば
「全員食べてよ。食べないと後で匂いが気になるよ~」
e0043548_10210290.jpg
さっぱりとして美味しゅうございました。
Sちゃんは毎年オリジナル料理を手際良く作り振る舞ってくれます。
最初に作ったソース焼きそばの残りは翌朝Kちゃんがオム焼きそばに変身させてくれました。
これも好評でした。





[PR]
# by NPHPID | 2018-09-26 11:33 | Trackback | Comments(0)

ウサギの餅つき

Cafe をでるときIさんが「出口はこちらをまわってね」
あらびっくり
e0043548_18435456.jpg
 お月見団子をついているウサギとススキのモニュメント
よーく見てください。臼も杵も団子もかごも ススキもハッパも敷物も
細いレース糸で可愛くできています。
いつも季節毎のドイリーをあんで飾っておられるので毎回楽しみにしているのですが
ウサギの餅つきとはビックリ
「本で見かけてね。これは作らなきゃと思ったの」
お忙しいのにチクチク、編み編み 
以前に飾られたドイリ-集
e0043548_11203559.jpg
母もお仕事の合間にIさんに教えていただきながらドイリ-、靴下など楽しく編んでいます。





[PR]
# by NPHPID | 2018-09-19 18:45 | Trackback | Comments(0)