NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

雪山・バードウオッチング-3

原村からの眺め
e0043548_23105188.jpg


足下の水路の氷
e0043548_2311487.jpg

マリラさんの滞在しているセントペテルスブルグのネバ川も
こんな風に凍結し、氷の下には川の流れがあるのかしら。

ぐるりを雪山に囲まれた原村の景色の美しさに惹かれ移住する方が多いそうです。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-15 23:16 | 小淵沢・蓼科 | Trackback | Comments(0)

雪山・バードウオッチング-2

晴天の中ペンション近辺をウオッチング。
信玄の棒道
昨年は雪道だったところもほとんどが土です。
e0043548_22331031.jpg

戦国時代に武田信玄が北信濃攻略にあたり整備したといわれている古道で八ヶ岳山麓をほぼ
まっすぐ走っていることから棒道と呼ばれています。
*棒道の右側の矢印は落ちていたのを付けたのですが方向を間違えたようです。
 右側の矢印は右向きが正しい。
 ここ小淵沢は韮山から大門峠へ2/3ほど向かった場所です。

ぐるりが山に囲まれた 原村を通り
茅野市尖石縄文考古博物館
e0043548_2241840.jpg

小淵沢から比べると雪も多くなります。
     水場に来る動物を射止めて生活していたのでしょうか。
雪深い山に古代人が住んでいたとは驚きでした。
諏訪湖へ
先月おみ渡りが見られたそうですが、今は一部だけ結氷していました。
遠く諏訪湖の真ん中にオオワシがごま粒のようにみえました。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-13 22:53 | 小淵沢・蓼科 | Trackback | Comments(0)

週末は雪山・バードウオッチング-1

冬鳥に会いに小淵沢、蓼科にでかけました。
メンバーはネットで知り合った方々掲示版上でのやりとりはあってもお目にかかるのは初めての方も
共通の鳥つながりで小淵沢集合。
e0043548_23114788.jpg


ペンション到着後鳥見は明日にして早々に富士見高原スキー場の「鹿の湯」(温泉)へ
雪見の露天風呂を満喫。
夏には高原を百合が一面に咲くそうで館内には見事な百合の写真がたくさん飾られていました。
富士見スキー場もゲレンデ以外には雪が付いていません。
ここ4年ほどこの時期にきていますが雪はずいぶん少ないです。
「例年にない豪雪」は上越・信越地方の話のようです。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-12 23:20 | 小淵沢・蓼科 | Trackback | Comments(3)

スイセン

二宮役場のわきの急な階段を上りきり山道にはいるとたくさんのスイセンが迎えてくれます。。
スイセンの香りに包まれ上り坂で乱れた呼吸も一休み。
e0043548_18374688.jpg

木の間からは相模湾も見え隠れしています。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-07 18:39 | flower(春) | Trackback | Comments(2)

菜の花と相模湾

♪~ここだけ一足早い春のにおい~♪

吾妻山頂上より相模湾。
菜の花畑の下には二宮の街並、真鶴半島。
e0043548_17262772.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2006-02-05 17:34 | flower(春) | Trackback | Comments(2)

菜の花

早朝の強い冷え込みの中きれいな富士山をながめながら東海道を西へ。
目指すは相模湾を見渡す菜の花畑
e0043548_0175864.jpg


到着が遅れ頂上に着いたときは富士山には雲がかかっていました。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-05 00:19 | flower | Trackback | Comments(0)

節分-立春

昨日は節分 
外に向かって「鬼は外、鬼は外、」とを締めて「福は内」
    年の数だけ豆を食べ。
柊の枝に鬼の嫌いな鰯を刺して玄関に飾り。
    南南東を向いて恵方巻きを無言で丸かぶり。
e0043548_6575832.jpg


節分に太巻きを食べる習わしは関西でうまれたようです。
子供の友人の大阪出身の方に以前教えてもらいました。
最近はコンビニが事前予約を取り約600万本の恵方巻きを販売したそうで
、年々この需要が高まっているそうです。
[PR]
# by NPHPID | 2006-02-04 07:06 | Trackback | Comments(0)

震度4の地震

昨晩息子を迎えに駅前で待機中。車がぐらぐら横に揺さぶられました。
「車が邪魔だって怖いお兄さんでも文句を言いにきたの?」
「キョロキョロ・・・・・」 「地震?ラジオは何もいっていない。」
おかしな揺れで胃が気持ち悪くなってきました。

「しばらくしてラジオで横浜市保土ヶ谷区 震度4」と放送されました。
多分相当大きな揺れだったのでしょう。車の中でよかった。
家にいたらキット怖かったと思います。
その後東京-大船間JRは安全点検のため4時間とまったようです。
ラッキーにも息子は地震の前に電車を降りていました。

夏の時もそうでしたが震度4の地震で電車がストップ・エレベーターにとじこめられた。 
この先大地震が起きたらどうなるのでしょう。
都内の人が徒歩で一斉に家へ向かうと脇道は建物などの崩壊で通行は危険。
大通に人が集中し大変なことになるそうです。

地震、10センチの大雪?、非常時にどう対応したらよいか・・・・・・・
       ご安全に!
e0043548_17205812.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2006-02-02 17:23 | flower(春) | Trackback | Comments(4)

ツアーカタログ-3

「氷河特急とアルプス三大名峰スイスハイライト」
登山列車、ロープウェイ、ハイキングで三大名峰を満喫の旅。
マッターホルン・ユングフラウ・モンブラン
*初めての海外旅行ではシャモニーからロープウェイで標高3842メートルのエギュードミディへ
登りました。モンブランの姿に見ほれました。

*2001年インターラーケン-ククライネシャイデッグ-ユングフラウ
e0043548_8314036.jpg

           2001.7. Photo by KAICHO
  アイガー北壁を眺めながらグリンデルワルトへの登山列車からの眺めも雄大でした

*アルプスの中を走る氷河特急に乗りマッターホルンも眺めてみたいです。
友人は昨年アルプスに連泊しトレッキングを楽しんだそうです。
イギリス、東欧、北欧、イタリア・・・・カタログをみながら次々行きたい場所が増えていきます。
[PR]
# by NPHPID | 2006-01-29 08:44 | Trackback | Comments(2)

ツアーカタログ-2

そしてドイツでは
ヘレンキームゼー城ノイシュバンシュタイン城リンダーホフ城
悲劇の王ルートヴィッヒ2世が作った3つの城が組み込まれてロマンチック街道をめぐる
旅もアレンジされていました。
ノイシュバンシュタイン城がコースに含まれたツアーはよく見ますが、他の2城もめぐるのは
めずらしいです。
ドイツに在住経験のある方が3城中小島に浮かぶヘレンキームゼー城が1ばんお気に入りと言われていました。
ヴェルサイユ宮殿を模した鏡の間はヴェルサイユ以上に豪華だそうです。
e0043548_7285517.jpg

            ノイシュバンシュタイン城     Photo by KAICHO

その他もオリジナルな豪華コースのツアーが目立ちます。
パンフレットをみているだけでも楽しいです。
[PR]
# by NPHPID | 2006-01-28 07:38 | Trackback | Comments(4)