NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 10日 ( 1 )

シンガポール4 Koon Seng Rd

多民族国家のシンガポール
プラナカン文化の色濃く残るカトン地区です。
クーンセンロードにはカラフルな1,900年~1940年の建物が残ります。
おしゃれな雑貨店、名物料理店が沢山あるエリアです。
e0043548_16270342.jpg
e0043548_16275419.jpg

e0043548_16272608.jpg
低層の建物 カラフルな壁、花柄のタイルが目をひきます。


プラナカンとは、
15世紀後半からシンガポールやマレーシアに移り住んできた中国系の男性と
現地のマレー系の女性が結婚して生まれた子孫たちのこと。

プラナカン建築とは、彼らが建てた華やかな邸宅のことで、
中国とマレーの文化にヨーロッパの建築や装飾を取り入れて作られた建物。


[PR]
by NPHPID | 2018-03-10 16:29 | Trackback | Comments(0)