NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

イエローストーンNP-1

全米一綺麗な公園といわれるグランドティトンに別れを告げ北上。
世界初の国立公園として誕生したイエローストーン巡りの始まりです。
e0043548_20594773.jpg

グランドティトンNPのゲイトで2公園共通1週間パスを既に購入しているので
Yellowstone Today というイエローストーン新聞をもらいパスをみせ通過します。
 この1週間有効パスは単なるレシート フロントガラスに貼っておいたら印字が
見えなくなっています。
国立公園入場券なのだからカラフルにおしゃれなICカードにすればいいのに。
レシートだなんていかにもアメリカ的です。
年間国立公園パスというのもあってこちらは1年間アメリカ国内の国立公園出入り
自由だそうです。
こちらのパスはしっかりしたもののようです。
またグランドティトンに戻りますのでほとんど見えなくなったレシートでも捨てられません。
e0043548_2101633.jpg
立ち枯れた木と根元に育ち始めたマツの幼木は1988年の火災の被害のあとです。
5月から11月まで大小50もの火災によって東京都の面積の約1.5倍3,213平方
公園の32%が焼け野原になったそうです。
落雷や乾燥などの自然災害による火災には「積極的な消火活動は行わない」という当局の
方針があったそうです。
火災当初は大きな被害がありましたが、その後高温でないとはじけない松かさがはじけ
新芽がで、焼けこげた倒木は「高温消毒済み」の肥料となって公園の緑を豊かにするのに役立ち。
太陽光線が当たるようになった下草は繁殖エリアを広げ 草食動物がふえ・・・・・・
時間の経過とともに火災が森の再生に貢献している事がわかってきたそうです。
見るからに憐れな立ち枯れの木もそんな効果をもたらしていると知ると自然の威力
不思議さに驚きます。

e0043548_2103230.jpg

イエローストーンレイクを右に眺めながらレイクカントリーを通過し
キャニオンカントリーへ入ります。
公園内には7箇所のビレッジがありそれらのビレッジと主な見所を結んで8の字型に
周遊道路が造られています。
アッパーループ:8の字の北半分
ロウアーループ:8の字の南半分 全体をグランドループと呼ばれています。
ロウアーループの東側を8の字の中央まで約36マイル(58キロ)を走りキャニオンロッジへ進みます。
[PR]
by NPHPID | 2007-09-10 21:16 | HolidayinWyoming | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nphpid.exblog.jp/tb/6436780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ptaro2009q at 2007-09-10 23:08
初めてYSに来たのが1990年でした。
当時は確か入場料が$5x2で$10でした。
5,6年後には倍になっていたように記憶してます。
今はおいくらですか?

大火事で焼けた跡で、まだ木々の焼け跡が生々しい状況だったことを良く覚えています。

その後、毎年行くようになって、火事によって弾けて散った種が芽を出し成長して行く姿が段々分かって来て、これを自分が生きている間、ずっと追い続けてみたい、という気持ちが大きくなってきました。
もう今では何メートルにもなる木に成長しているものも多いと想像しています。
自然の力は偉大ですねえ、火事も大きな自然のサイクルの中では計算のうちで、それを乗り越えてまた森を形成しようとしている力に感動いたします。
Commented by NPHPID at 2007-09-17 21:16
>駄文おじさま
入園料は両公園利用1週間で$25だったようです。
1年パスは$50のようです。年内に他の国立公園を巡るようであれば年間パスがお得ということですね。
松の実はふしぎです。
高温にならなければはじけないDNAが何故できたのか。
そしてそれが必要だったのか。
はじめて訪れた私も立ち枯れの木の根本に育つ若木に声援を送りたく
なりましたから。
何回も訪問されている駄文おじさまにはもっと強い思いがあることと思います。

高温のガイザーの周りにも花が咲いていました。
その花たちの種はほとんどがタンポポのような綿毛で運ばれていくものでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。