NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

親指粉砕骨折 その後-1

添え木から2週間後簡易ギブス 
 親指裏を縫合しているのでその傷、出血が治まってから 入浴許可
  入浴し血行を良くするのが良いそうですが 不安で入れません。
  添え木があるときは濡らさないようお風呂に入らねば。
簡易ギブスになり入浴時は外せるのでだいぶ楽になりました。
  親指の付け根の脱臼、爪の下の内出血があったり 出血したり
 親指がつけないので歩くのに苦労30分の歩行が限度でした。

「今日で1ヶ月と4日ですね。レントゲンの画像からもう一息。
 痛みも無いようなのでギブスをとって お風呂でマッサージを良くしてください
 2週間後にレントゲンをとります」

ズットサンダルで過ごしていましたが、ギブスがとれスニーカーが履けるようになりました。
親指をつけずに4週間歩いていたので 
 先ず親指がつけられません。
 他の4本の指も自分の意思で曲げることができません。
「マッサージとかした方が良いのですか?」
「お風呂に入って指先の”にぎにぎ”運動をし 消炎剤で良くマッサージする」
e0043548_17312028.jpg
   画像の右側の白い物は2週間親指を守ってくれた簡易ギブス

そこで100円ショップでペデュキュアの時に使う指につける物を購入
タオルを指先でたぐり寄せる様に使ってみました。
指を入れると少し床側に折れます。
靴下なしは寒いので緩く大きめの靴下をはいてカバー
e0043548_17300533.jpg
親指を付いても痛くないのですがつい指を持ち上げて歩いてしまいます。
元に戻るのはいつでしょう。



[PR]
by NPHPID | 2018-11-06 17:34 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nphpid.exblog.jp/tb/27652067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。