タグ:花 ( 173 ) タグの人気記事

熱海ジャカランタフェスティバル

6/20
  ATAMIジャカランタフェスティバル2016  
ロサンジェルス在住だった従姉妹が歩道がジャカランタの花ビラで紫に染まる。
と画像を送ってくれてから一度見たいと思っていました。
オースラリア、南アフリカのジャカランタの並木の見事な写真は有りますが
日本では・・・・と思っていたら熱海にジャカランタの並木があると聞き早速出かけました。
ジャカランタのトンネルとはいきませんが綺麗でした。
強風に煽られながら幹の天辺に綺麗に咲きそろっています。
e0043548_16342784.jpg



[PR]
by NPHPID | 2016-06-22 07:05 | Trackback | Comments(0)

皇帝ダリア

2階の高さに伸びた皇帝ダリアを見かけますね。
ラジオで 
  「お隣の皇帝ダリアが我が家に向かって開き楽しませてもらってます」
と言っていました。
e0043548_16232218.jpg

e0043548_16233498.jpg


樹木部分がするすると伸び天辺に沢山の花をつける面白いダリアですね。
花が寂しくなる時期に目を楽しませてくれますね。

挿し木でぐんぐん伸びるとか。

********
皇帝ダリアの学名はDahlia imperialis
imperialis(インペリアリス)は皇帝の意味ですから、
学名をそのまま訳して皇帝ダリア
メキシコの高地原産で、暖かいメキシコとはいっても気温の低い高い山に
生えているもので、日本では冷涼な秋から初冬に花を咲かせるのだそうです。
[PR]
by NPHPID | 2015-12-04 16:31 | flower | Trackback | Comments(0)

シャクヤク 大船フラワーセンター

バラ園の奥に進むとシャクヤクのコーナーです
昔からシャクヤクの品種改良をしていた大船フラワーセンター
改良された豪華なシャクヤクが咲き競っています。
80種類近くあるようで、どんないわれで命名されたのでしょうか。
木札をみながら花を観賞するのも面白いです。
荒波  こんな優しい白にどうして荒波という名が付いたのでしょう。
e0043548_18134243.jpg

玉の臺(たまのうてな)
e0043548_1814261.jpg


e0043548_18161524.jpg


ルピナスは先日の台風で倒れようで途中から首をもたげているのが
痛々しいです。
e0043548_18283485.jpg

温室へ向かいます。
[PR]
by NPHPID | 2015-05-20 18:28 | flower(春) | Trackback | Comments(0)

桜満開の山手本通り

カトリック山手教会
e0043548_010529.jpg
e0043548_0101489.jpg

山手本通り
e0043548_0102969.jpg
e0043548_0103938.jpg

西洋館前を通り外人墓地-港の見える丘公園がゴール

その後有志12名で中華街で食事。
この近辺に勤務先があり10年前よく通っていたというお店へ
むかしと値段、盛りとも変わってしまい、名物店長も不在とか
ランチセットを7種類頼み皆でシェアして食べました。

「1日1万歩は歩いている・・・・」って人もいてビックリ。
今日は15000歩ぐらい。 皆食欲旺盛。お変わりのご飯はおひつで出てきました。

ポカポカ陽気と満開のさくら久しぶりのノルディクウォーキングを十分満喫しました。
[PR]
by NPHPID | 2015-04-05 00:07 | 横濱 | Trackback | Comments(2)

桜満開の根岸森林公園

根岸駅集合でノルディックウォーキング 
 前日までの強風もなく暖かなウォーキングでした。
コース:根岸森林公園~イタリア山公園~港の見える丘公園~中華街
根岸森林公園
エントランスからみえたダイナミックな桜の広がりに皆歓声
右端にランドマークタワーも見えます。
e0043548_872038.jpg

e0043548_812616.jpg

桜の種類もいろいろ有るようで色あいに微妙な違いがあります
e0043548_7571282.jpg

e0043548_7572243.jpg

丁度春休みでシートを広げて桜を楽しむ人。広い広場で思い思いに過ごされています。
e0043548_7572942.jpg


磯子に住んでいた頃雪用のソリを持ち込んでスロープで子ども達を遊ばせました。
当時こんなに桜がある事は知りませんでした。
磯子は汐見台の下ですので久良岐公園で桜を楽しみました。
上大岡から歩いてみえたシニアのかたは
「横浜一の桜は根岸森林公園だな!」と言われていました。
e0043548_7573759.jpg

e0043548_7574783.jpg
e0043548_7575723.jpg


e0043548_758916.jpg
e0043548_7581623.jpg

1ヶ月前に下見に来られたときは梅が満開だったそうです。
蕾を膨らませ八重桜が開花準備中でした。
[PR]
by NPHPID | 2015-04-03 08:04 | 横濱 | Trackback | Comments(0)

花菖蒲

梅雨の晴れ間花菖蒲も見頃を迎えています。
e0043548_22392434.jpg

花がらつみも大忙し。
e0043548_22393860.jpg

[PR]
by NPHPID | 2014-06-17 22:41 | flower | Trackback | Comments(0)

新緑の鎌倉 円覚寺-4 松嶺院の花

松嶺院のお庭は花の名が木札につけられめずらしい花も多いです。
黄モクレン
初めて見ました。  よく見かけるモクレンより花が大きいです。
e0043548_1313656.jpg

におい臘梅
新春に見かける臘梅より花が大きく まさに蝋細工のような堅い印象です。
e0043548_13163211.jpg


くろ臘梅
e0043548_13165252.jpg

カラタネオガタマ
微妙な色合いです。
e0043548_13172569.jpg

江戸時代に中国から渡来した樹木で、中国名は含笑花。
英名でbanana bush(バナナの木)というのは、
花に甘い芳香がありバナナの香りがするところからついたもの

   バナナの香りとは~顔近づけて見れば良かった。
[PR]
by NPHPID | 2014-05-12 13:23 | 鎌倉 | Trackback | Comments(0)

新緑の鎌倉 円覚寺-3 ぼたん

円覚寺松嶺院のボタンがみごろをむかえていました。

e0043548_18173259.jpg
e0043548_18175192.jpg
e0043548_1818334.jpg
e0043548_18183944.jpg

一足遅れてシャクヤクも蕾を膨らませています。
開き始めたシャクヤク
e0043548_18214158.jpg


ボタンとシャクヤクの違い
ともにボタン科ボタン属の植物
ボタンは低木(木本植物)、シャクヤクは草(草本植物)。
ボタンは「木」の姿で越冬し、シャクヤクは冬には地上部は枯れ根が生きているだけだそうです。

葉の形がちがいますね 。
[PR]
by NPHPID | 2014-05-08 18:22 | 鎌倉 | Trackback | Comments(2)

春爛漫~大船フラワーセンター1~しゃくなげ sanpo

大船フラワーセンターのすぐそばに両親が住んでいましたので何回も訪問していますが
入場門から春のカラフルな花が迎えてくれたのは初めてです。
歓声を上げてしまいました。
「4月5月は一番良い時期ですよ。ゆっくり楽しんで下さい」

e0043548_163824.jpg

シャクナゲ、菜の花、山桜、奥にはミツバツツジ 

父がシャクナゲが好きなので伊豆や七沢森林公園など遠くへ出かけていましたが、
家のすぐそばにシャクナゲがこんなに沢山有るとは・・・・・

開花の時期に来ないと分からないですね。
    色も様々、それに株が大きく見応えがあります。
e0043548_166448.jpg

e0043548_1681875.jpg

e0043548_16124677.jpg


20年ぐらい前から早く大きく育つシャクナゲを集めて育てているそうです。
夏の暑さに弱いシャクナゲを品種改良しているそうです。
既に満開過ぎの物これから開く物様々です。
お弁当持ちで大勢の方が来られていました。
桜草展、おしば美術展も開催されていました。

山桜も丁度みごろでした。種類の多さに驚きました。
[PR]
by NPHPID | 2014-04-16 16:09 | 鎌倉 | Trackback | Comments(0)

あじさいブルー

北鎌倉 浄智寺、東慶寺、古民家ミュージアム
e0043548_16125016.jpg

燈籠の前に紫陽花バックに新緑
e0043548_16121561.jpg
e0043548_16122541.jpg
e0043548_16123343.jpg
e0043548_16124146.jpg


昨日は父の日 
4人男の子のお隣には息子さん夫婦4組+孫7人が集まり賑やかでした。

「騒がしかったでしょ・・・」と一番下の息子さんのお嫁さんの実家よりの
レタスが4玉~~
「レタスばっかり困るでしょうけれど無農薬だし是非食べて」
  
緑が濃くパリパリですがどうやって食べよう。
[PR]
by NPHPID | 2013-06-17 16:20 | 鎌倉 | Trackback | Comments(0)