NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

タグ:北海道 ( 53 ) タグの人気記事

北海道~花街道~14 旭山動物園-1

花本のご主人が
「明日は小学校の運動会があるので旭山動物園はきっと空いていますよ」
「それでも開園時間すぐに入ると良いです。」 と言われていました。
早朝から運動会開催の号砲?が上がっています。
中学生以下は入場無料だそうで、運動会の日は入場者が減るのですね。
入口は3箇所ほどありますが、開園前から並んでいます。
ホッキョクグマ館に一番近いと言う西門で待ちます。
e0043548_13293886.jpg



e0043548_1329506.jpg


室内より水中に飛び込むホッキョクグマを見ることができます。
顔面をガラスに押しつけたり 巨体が突進してくる様子は迫力満点
e0043548_1330347.jpg



e0043548_13304474.jpg


動物園の飼育係の方達の工夫をこらした紹介掲示が至る所にあります。
e0043548_13302092.jpg

[PR]
by NPHPID | 2009-06-14 13:30 | Trackback | Comments(0)

北海道~花街道~13 グルメ-2

強い風と雨の中での東藻琴山公園を出てチーズファクトリーへ
なんとここでも朝採りのグリーンアスアパラが氷の上にのせられて売られています。
もう一度上川村のJAco-cpに寄ってグリーンアスパラを食べようかと言いながら旭川へ
無料高速道路へ乗ってしまったので上川での途中下車はできませんでした。
旭川のホテル到着。 
評判の朝食バイキング付きホテルのキャンセル待ちは残念ながら連絡なし。
市内のホワイトアスパラを出す店を探し雨に濡れながら出向く。
e0043548_233022.jpg



味覚房花本
開店したばかりの店先にホワイトアスパラの文字。
グリーンアスパラは何回も見かけましたがホワイトアスパラはまだ一度も見ていません。
e0043548_233106.jpg



ご主人が注文をとりに来られますが、何だかぶっきらぼう
「お勧めは?」
黒板に書かれたメニューをさすだけ
「ホワイトアスパラが食べたくてwebでお店を探してこちらにたどりついたんです。」
ホワイトアスパラの前菜、ホワイトアスパラのブリット、
魚のソティ、ハンバーグ
「今日はお天気が悪く魚の入荷が少ない」
「魚のソティーは何ですか?」「鯛」
魚料理は出したくないような雰囲気
鯛飯
「鯛飯は予約でいっぱいで用意できません」
とりあえず鯛飯なしで注文 

「ワインは基本的にはハーフボトルは置いていません
・・・の赤と・・・のハーフボトルでしたらあります。」
ビールをいただくことに ご主人がソムリエだったとは気が付かず失礼しました。
でも出てきたビールは泡がソフトでとても美味しかったです。

e0043548_2332448.jpg



生ハムと卵とホワイトアスパラはよくあいます。
こりこりした食感。
食べ進んでいく内に何故かご主人の対応が違ってきます。うち解けて来ると言うか
ホワイトアスパラのブリット(フライ風)も外側はコりっとした食感ですが中は柔らかく
思い続けたホワイトアスパラ料理に感激。
e0043548_2333338.jpg



食事の途中で「予約のキャンセルがあったので少しですが鯛飯が出せます」
e0043548_233479.jpg

鯛の香りが口の中に広がり少し柔らかめに炊きあげられたご飯も大変美味しかったです。

最後にご主人が出てこられ
「先週までは地中の温度が低くホワイトアスパラは全滅だったんです。
今週になり温度が上がり収穫できたんですよ。」
お見送りまでしていただき、最初の印象とは全く変わってらっしゃいました。
ワインを選んで頂いていたら更に良いお話しをお聞きすることができたかもしれません。

いつものことながらメインディシュは写真を撮るのも忘れて食べてしまいました。
別の季節にもまた出向きたいおみせとなりました。
味覚房 花本

〒070-0034 北海道旭川市4条通6丁目左4号
イサミヤビル1F
0166-22-4447
営業時間/17:30~23:00
オーダーストップ21:30
食材切れで、閉店時間が早まる場合がございますので、電話でご確認ください。
基本的に日曜日はお休みします。
[PR]
by NPHPID | 2009-06-13 23:37 | Trackback | Comments(0)

北海道~花街道~12 東藻琴山芝桜公園

5月に出かけた北海道の続きです。
2日目は朝から雨 先ずホテルの朝食バイキングへ
帆立、いかの塩辛、子持ちししゃも朝からお酒が欲しくなるようなメニュウが並びます。
旭川でキャンセル待ちしているホテルの朝食バイキングは「いくら」が評判とか。
さすが北海道。鮭の切り身も厚みがあります。(つい主婦の目になてしまいます)
レストランには日本人に混じって欧米系、韓国、中国系の方々の姿も見られます。

雨ではバードウオッチングもままならず東藻琴山芝桜公園をめざします。

e0043548_6515054.jpg



芝桜のパレットのようです。
色をうまく組合せ斜面を綺麗に飾っています。
斜面には遊歩道があり芝桜の間を歩いて回れるのですが、あいにくの強いあめ。
幌付きの車で頂上を目指します。
e0043548_6521774.jpg


芝桜にボリュームがありまるで
色つきの雪が斜面を覆っているように思えてきます。
芝桜のよい香りも届きます。
e0043548_6523022.jpg



e0043548_6523942.jpg

「太陽が出ていると輝きが増してまた綺麗なんだけどね~今日は残念だねぇ。」
と地元の方の話です。
[PR]
by NPHPID | 2009-06-12 06:59 | Trackback | Comments(0)

北海道~花街道~11 グルメ

紋別漁港近くのホテルはバスツアーも入って満室です。
夕食はネットで見つけた魚屋が経営するお店へ
付け出しは小さなきんきの煮付け
e0043548_20283674.jpg



板前さんお勧めの刺身は「船上でしめたニシン」
ニシンのお刺身は初めて、確かニシンはあしが早いと聞いたような気がしますが 
e0043548_20314444.jpg



あぶらがのっていてかなりの美味しさです。
北海道ならではのお刺身です。
紋別の名産帆立、ルイベ、小ぶりのウニも絶品
「毛蟹も美味しいよ~ 」につられてついつい。
e0043548_2033566.jpg



お酢が付いてこないのでお願いしたら、つけない方が美味しい。
「でも欲しいんですよね」の仲居さんの言葉で
板前さんが用意して下さったのは出しの利いたおいしい三杯酢?
呑んでしまいたいくらい。
煮付けが食べたいと注文したら、「今日は美味しい煮付けはない」、とのこと。
仲居さんがそっと付け出しを追加して下さいました。料金の内なのかどうかは不明。
焼き魚は身の厚い「さくらます」が登場。
北海道ならではの新鮮な海鮮をたっぷりいただきました。
気取らないお店で価格も手頃
旅行客の常連さんや近所の方が多いようでした。
隣の席のかたが注文した焼き魚定食はおおきなほっけがついて1000円以下。
[PR]
by NPHPID | 2009-06-08 20:45 | Trackback | Comments(1)

北海道~花街道~9

アントワネット
e0043548_2345999.jpg



ダンシングショー
e0043548_23455461.jpg



夢の紫
e0043548_23463466.jpg



カーニバルデニース
e0043548_2347744.jpg

[PR]
by NPHPID | 2009-06-05 23:47 | Trackback | Comments(3)

北海道~花街道~8 上湧別チューリップ公園

カーナビの案内は
「しばらく道なり。5キロ道なり」
自動速度計測の看板を横目に 時折物陰にいるパトカーを見ながら
安全運転で上湧別チューリップ公園へ
昼過ぎに降り出した雨も上湧別に入ると上がってきました。
満開のカラフルなチューリップが眼に飛び込んできます。
e0043548_1719249.jpg



屯田兵が入植しチューリップとアスパラの栽培を始め、
昭和35年には生産量(33万球)・輸出量共に全道一となり、
昭和40年には22万球を輸出するようになったそうです。
その後オランダの球根が値下げされ一時衰退した時期もあったようです。
近年道路沿いに老人クラブの方々が植え込んだものを見たいと言う人がふえ
公園として整えられ、毎年5月中旬から6月にかけチューリップフェアが開催されます。
e0043548_17102894.jpg



e0043548_17104519.jpg

現在は公園の総面積は12.5ヘクタール、
このうち約7ヘクタールの畑に120品種120万本のチューリップがうえられているそうです。
[PR]
by NPHPID | 2009-06-04 17:19 | Trackback | Comments(2)

北海道~花街道~7上湧別町チューリップ

上湧別町
まだ綺麗に咲きそろっているチューリップ公園
e0043548_7132986.jpg



e0043548_7134082.jpg
[PR]
by NPHPID | 2009-06-03 07:14 | Trackback | Comments(0)

北海道~花街道~6

午後になり雨が降りだし さてどこへ
「花回遊」
オホーツクの魅力を発見
きたの大地をかけ巡る周遊200キロ
のパンフレットで紹介されている上湧別町のチューリップ公園を目指すことに
途中道路沿いで水芭蕉群生地の看板を見つけ
5月中旬に知床へ出かけた職場の方の「水芭蕉がたくさん咲いていた」の話を思いだし
途中下車  芝桜のピンクに車も染まってしまいました!?
e0043548_6342254.jpg



4月下旬から5月上旬が見頃とか・・・・・・
e0043548_6343221.jpg


残念花は既に終わり大きな葉の茂みばかりが続いていました。
e0043548_6344231.jpg



e0043548_635422.jpg
[PR]
by NPHPID | 2009-06-02 06:40 | Trackback | Comments(2)

北海道~花街道~5滝上-芝桜

co-op駐車場をでて国道273号線を滝上へと向かいます。
ほとんどすれ違う車もない道路と平行して少し上に旭川紋別道路ができています。
この道路まだ完全開通していないようで無料の表示。
でも上川から紋別方面への入口が見あたりません。
旧道?下の道を進みます。すこしカーブがきついですが車はほとんど通っていません。
所々谷には残雪も見られますが、新緑のグラデーションが綺麗です。

滝上の表示が見え始めると何と目の前にピンクの斜面が飛び込んできました。
e0043548_22184266.jpg



**********
昭和29年 洞爺丸台風(15号台風)の被害により滝上公園の桜の木が壊滅状態になりました。
 当時、この公園を管理していました片岡兵治さんが昭和32年、お寺の境内に咲いていた
可憐な芝ざくらに心をひかれミカン箱一つを譲り受け公園の片隅に植えたのが、芝ざくら公園の誕生となります。
 昭和34年、片岡さんの友人の朝倉義衛氏が町長になられたのを契機に、
芝ざくら公園としての造成が開始され、行政ならびに住民のボランティアにより、
根分け増殖がされ、現在では10万平方メートルの面積を誇る芝ざくら公園となっています。
**********
斜面途中からの芝桜右手上にも広がっています。
遠くから見た時はピンク一色のようにみえたのですが、白、うすピンク、濃いピンクと
色の違う芝桜が何種類か植えられています。
e0043548_22302576.jpg



e0043548_22303963.jpg


小雨の中公園の一部では市民ボランティアのかたでしょうか雑草取りをされていました。
[PR]
by NPHPID | 2009-05-31 22:23 | Trackback | Comments(2)

北海道~花街道~4 新鮮グリーンアスパラ

旭川から目的地滝上までの半分くらいのところに上川はあります。
道の駅を見つけ早速現地特産物販売があるのではないかと期待しながらよってみます。
加工品ばかりで野菜などの販売はありません。
それはそうですね、観光客が野菜を購入しても加工の手だてがないですから。
「近所でアスパラガスを食べさせるお店は無いですか」
「美瑛や富良野へいかないとちょっと無理~」
道沿いの看板はラーメン屋ぐらい・・・・・・
せっかく生産地にきても食べられないのかと諦めかけた時
JAのco-opを見つけました。氷の上にのせられた朝採りグリーンアスパラ
瑞々しい色   生ではどうしようもない どうにか食べる手だては無いものか?

そこで見つけたのが店内での調理販売コーナー
揚げ物のパックが並べられたうしろに調理場が見えます。
「スイマセ~ン!アスパラを茹でてもらえませんか?」
「いいですよ、ちょっと時間かかりますが。お湯沸かしますからアスパラ持ってきて下さい」

調味料がないと食べられないしと・・・小さなマヨネーズを購入
できてます緑の鮮やかなグリーンアスパラがおかれています。
「ゆで加減がどうかわからないけれど・・・・・」
もうそんな茹でて頂いただけで十分です。

会計もそこそこに車に戻り
「どうする?」
「そりゃーすぐ食べなきゃ」
画像の色はほぼ現物と同じです。 こんなに鮮やかな色は出ないですよね。
e0043548_16173290.jpg


e0043548_16173986.jpg

産地のアスパラってこういうのなの
茎の周りは歯ごたえがあり、かむと中はすごく柔らかく アスパラの香りが口中に広がります。
先ずはマヨネーズで、
お店の方がお醤油をつけて下さったので 試しにお醤油をかけてみました。
これがまた良くアスパラと合うんです。
ところが湯切りのために敷いて下さった紙にお醤油が染み込んでしまい~~あー残念。

2束398円を2人であっという間に完食。
家で購入するアスパラも美味しいけれど ~全く別物~~
細めのものを選んだのですが、これだけ柔らかかったら太い方が美味しかったのではないかと思います。
「次回はバーナーとコッフェル持ってこよう。」
「ジャガイモも茹でてもらえば良かったね」
と大満足のアスパラ車内パーティーとなりました。
その後数軒のお店をみましたがホワイトアスパラを店頭で見ることはありませんでした。

グルメ第一目標クリアで~す。

その後旭川のイ○ンで太さがバラバラの両手にかかえられないくらいのアスパラを格安で売っていました。
明日横浜に帰るんですが持ち帰れるか聞いたところ 常温では止めた方がいいです。と言われました。

最終日Aco-opを見つけ 無理とは思いながら98円/束だったので購入し持ち帰りました。
(やはり氷の上におかれて売っていました)
現地で食べた食感、味にはかないませんが なかなか美味しゅうございました。
[PR]
by NPHPID | 2009-05-29 23:58 | Trackback | Comments(6)