NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-15

シグぴらとり
e0043548_10483374.jpg

店内
e0043548_10485945.jpg

ベーコン塊とウィンナー
粗挽きウィンナーは滞在中に食べきれるか不安でしたが毎朝食卓を飾ってくれました。
e0043548_1050666.jpg

日高町ちょっと暮らしをされたOさんは
ここのベーコン切り落としで作ったお祭りの焼きそばが凄く美味しかったと言われていました。
残念ながらこの日は切り落としはありませんでした。
ベーコン塊は厚めにスライスしてステーキのように焼いて食べました。 
独特の香りが有り美味しかったです。焼きそばも試してみれば良かったです。
父が鎌倉の東洋でよくベーコン塊を購入していました。塊?と思っていましたが
この美味しさを知っていたのですね。

日高に抜ける山道が結構大変だったので近くで休憩、食事をと
ラーメン屋さんへ
キピトロいり(行者ニンニク)ラーメン 
ニラ、小ネギのようなかんじで湯がいた物が長いまま入っていました。
特に違和感なくいただきました。
Oさんから行者ニンニクが日高の名産と聞いていました。

キトビロ、ヤマビル(山蒜)またはヤマニンニクなどの別名がある。
キトビロ(もしくはキトビル、キトピロ)がさらになまって、
ヒトビロ、ヒトビルというような発音になることもある。
また、北海道では、この植物を俗に「アイヌネギ」と呼ぶことがある。

疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。
新陳代謝促進作用があり元気の源と言われているそうで、元気いっぱい
日高国道で新冠に戻ります。

更に疲労回復用に隣のコンビニで北海道メロンクリームパンを購入。
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-17 11:20 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-14

以前日高新冠町の山間部の小学校がオークッションに掛けられ美術館として生まれ変わりました。
本当に山奥でこんな所に学校があった? 通う子ども達がいたのと言う環境です。
この美術館だけでなく途中の牧場も学校跡地を利用されているところがいくつかありました。

太陽の森ディマジオ美術館
世界最大の油彩画が廃校の体育館に展示公開されています。
9M*27Mの大作上下左右に鏡を設置し更に大きくみせています。
絵画中央部にあがれます。私が立っているのが分かりますでしょうか。
どこまでも絵が連続していきます。
e0043548_155926.jpg

e0043548_15574751.jpg

どこからどこまでが描かれた物か見分けが付きません。
ディマジオが鏡を設置して鑑賞する様に描いたそうです。
e0043548_1613985.jpg


山奥のそれこそ知っている人しか訪れないような場所にあるのが勿体ないです。
今回ちょっと暮らしをするに際し調べていてこの美術館のことを知りました。
上下左右に鏡・・・・・藤城清治切り絵美術館と同じ方式・・・・でも作品の大きさが違います。
短時間光と音の幻想的な世界を繰り広げる企画も面白かったです。
他にもディマジオの作品が展示されていますが正直夢に出てきてうなされそうな作品
が多かったです。

外観は塗り治され可愛い入口なんですがデマジオの作品とのギャップが大きいです。
e0043548_16124243.jpg

e0043548_16131490.jpg

e0043548_16133959.jpg

e0043548_16135437.jpg

庭には
e0043548_16155238.jpg

      雪が降ってもこのお昼寝を続けるのでしょうか?!
一日何人のかたが訪れるのかと思わせる様な山奥です。
チャンスががあれば是非訪れてみてください。 どのように広めたらよいのやら
日高町でちょっと暮らしをされたOさんに教えていただいたベーコンを買いに
更に山道を進みます。
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-15 16:17 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-13

二十間道路桜並木を通り日高新冠の山の中へ向かいます。
目的地は太陽の森ディマジオ美術館今回のちょっと暮らしでのベスト1。
e0043548_1543667.jpg

約3000本の桜が7キロに渡って咲き誇る二十間道路。左右の道幅が二十間(約36m)
桜が咲き、杏が咲き、今は新緑。 さくらの時期に是非訪れたいです。
かつてこの地にあった宮内省の御料牧場を視察する皇族の
行啓道路として造成されたのがはじまりだそうです。

左右に広がる牧場風景はカナダ、アメリカのようです。
直線の道路はカーナビは無言、後ろにもすれ違うも車なし。
USAドライブを思い出します。
e0043548_15453597.jpg

e0043548_15375891.jpg


e0043548_15381512.jpg

e0043548_15382988.jpg


見学できる牧場もあるようですが観光牧場ではないので見たい馬 時間などの申請が
必要だそうです。
e0043548_15384262.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2017-07-15 15:39 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-12

浦河町の道路沿いダイナミックでモダンなデザインの門を見付け立ち寄ります。
優駿の門32頭の馬が乗っているそうです。
e0043548_1122279.jpg

郷土博物館 馬事資料館 (廃校になった校舎を利用)
昔の人々の暮らしの展示

e0043548_11281542.jpg

昔はここに通う子ども達がいて暮らしていた。
林業が主だったんでしょうか。馬を使っての切り出し。
e0043548_11283229.jpg

シンザンの父ヒンドスタンの剥製
e0043548_11291658.jpg

e0043548_1130206.jpg

日露戦争で日本軍は軍馬の力のないことを目の当たりにして
これではいけない軍馬の養成にに力を入れていったそうです。
それが現在の競走馬の生産へと結びついていったようです。
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-13 11:37 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-11

観音山展望台から様似漁港を眺めます。穏やかな海です。
アポイ岳へ向かう途中カラスとバトルをしていたハクトウワシ
e0043548_23112389.jpg

ハクトウワシは既に他地区に移動している時期のようですが頭が白く尾も白
私たちの訪問を待っていてくれたんでしょうか?kaichoはニコニコです。
襟裳岬方面にエンルム岬
海に突き出した陸けい島(陸近くにあった島が砂州の発達で陸地と連結)
e0043548_1627991.jpg

エンルム岬の頂上へ登る急坂が見えます
e0043548_16331514.jpg

反対側には夕陽の絶景ポイント親子岩、ろうそく岩
e0043548_16282918.jpg

エンルム岬の先日高耶馬溪  その先霞んでいるのは♪~襟裳岬~♪です。
e0043548_16292075.jpg

昼過ぎという時間帯だからかカラスが威嚇しているせいか鳥の姿はみあたりません。
展望台へ続く道には観音像が並びます。33体の観音像があるそうです。
e0043548_20401231.jpg

花が手向けられていました。
利尻礼文でもそうでしたが海に向かって道路に鳥居がありそこから階段が続き
山の上に神社があります。
漁師町の漁の安全を祈る心が伝わって来ます。

 2軒目の温泉三石昆布温泉 蔵三で汗を流して帰宅。 
海に面していますが湯船から海は眺められないのが残念
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-12 16:29 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-10

三石から海岸沿いを浦河町~様似町へと進みます。
その先は襟裳岬です。
アポイ岳ユネスコ世界ジオパークへ立ち寄ります。
アポイ岳は日高山脈の最南端に位置する標高810Mの山。
夕張岳、富良野岳と並ぶ北海道三大花の名山
e0043548_2119465.jpg

e0043548_2120125.jpg

810mという低標高にもかかわらず約80種の高山植物が生育し、
しかも亜種・変種・品種を含む固有種は20種近くに及び、
これほど固有種が集中する地域は世界的に見てもきわめてまれといわれています。
アポイ岳はかんらん岩でできた山で地質や海霧の影響を受け沢山の高山植物が
生育する。

花を求めて山に入られた方の車が沢山駐車していました。
コースの途中にはヒグマ出没の情報もありました。
古木にキツツキの開けた穴はありましたが留守のようです。
e0043548_2058059.jpg

ジオパークの学芸員の方から様似町の観音山で鳥が見られるかも知れない
と教えてもらい観音山をめざします。
お昼は途中のコンビニで北海道らしいお握りを購入し。
大きないくらおにぎり、マヨネーズアスパラベーコン(細いアスパラが入っていました)
e0043548_2134720.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2017-07-11 21:36 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-9

ちょっと暮らしで住んでいた町の駅ロータリー
JR日高本線静内駅 競走馬生産地らしい大きなオブジェ
日高本線が運休中なので閑散としています。
e0043548_16333033.jpg

2015年1月の厚賀~大狩部間の高波被害のため 現在 鵡川~様似間は運休となり
代行バスが運転されています。
運休中なのにホームに入るには入場料金が必要なんですって!?
e0043548_16335419.jpg

国道235沿いは賑やかです。住まいは一本奥 人も車も少ないです。
e0043548_16501618.jpg

1昨年の稚内~旭川間の道路などから(この時は助手席)
北海道は直線が多く広く、車が少ないと感じました。
私でも運転出来るのではとチャレンジしました。 
ゆっくり のんびり法定速度 40/h、50/h で進みます。
大きなトラックも速度オーバーでビュンビュン飛ばします。
e0043548_16542052.jpg


「ちょっと暮らし」コンシェルjジュの木村さんはご主人が運転されず。
奥様は東京~大洗~苫小牧
カーフェリー利用で新ひだか町にこられたそうですが
高速は走れないので一般道でフェリー乗船は係の人にお任せと
3年2地域居住を続けられているそうです。

安全に走る事第一。滞在中目標はクリア出来ました。
三石からアポイ岳へ向かいます。
e0043548_17112952.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2017-07-10 17:14 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-8

今回のちょっと暮らしで 北海道特産品を食べることも楽しみの一つです。
以前5月に北海道に来た時JAで朝どれのアスパラをみつけ、
無理を言って茹でていただきJA駐車場で食べました。
鼻に抜ける香りが忘れられません。
もう時期が遅いかと調べていると春先のアスパラとは別に立茎(よく分かりません)
夏アスパラが6月下旬からでる事が分かりました。
新ひだか町から2時間弱の三石海岸の特売所で扱っている。
9時の開店を目指し出かけます。
e0043548_1585860.jpg

国道を挟んで左は牧場右は道の駅その先は三石海岸です
菜花 近所野農家の方が持ち込んだ野菜などを販売。
近所と言ってもぐるりには農家はみえません。
お目当てのアスパラは・・・グリーン、ホワイト、パープルと表示はありますが品物がみあたりません。
9時開店 9:30前には着いたのに・・・・
「皆さん8:30頃から並んで待って購入されるんです」
「車中泊の方がかわれるのですが?」 「近隣の方がおおいです」
近隣て民家はほとんど見えない牧場が広がる地 遠距離を来るのですね。

e0043548_20485993.jpg

「いつも持ち込むのが遅い人がいるから聞いて上げる・・・・・きたきた」
念願のアスパラが買えました。 太めで柔らかそう、生でも食べられそうです
e0043548_1591959.jpg


竹筒状の容器に入った三石羊羹。
     キャップを開け下から押し出し添付の糸できります。
e0043548_1593920.jpg

お豆の美味しい北海道の羊羹ですから甘い物苦手の私でも美味しくいただけました。

こぶ黒牛焼肉セット2100円 こぶ黒ハンバーグ380*2は
新ひだか町特産品販売所春那で購入しました。
e0043548_1510891.jpg

  こぶ黒
日高地方特産の昆布を食べて育った牛だそうです。
塩山のワイン豚のように特産品を無駄なく使って美味しい物作りですね。
春那のご主人「さっと炙って塩をふって食べると良いですよ」
調味料は食塩のみの準備だったのでハンバーグ用にデミグラスソースを購入しましたが
食塩をふるだけで十分美味しく頂けました。

ちなみに三石蔵三温泉には昆布湯が有りました。
   出しが出るんかい?
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-09 15:10 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-7

新冠(にいかっぷ)アイヌ語を日本語表記にして新をにい冠をカップだなんて面白い
町名ですね。
道路標識にも上に漢字、下にローマ字表記となっています。
とてもとても読めない地名が多いです。
e0043548_1274093.jpg

新冠 レ・コード館前の顕彰楯?
e0043548_14414026.jpg

国道235を新ひだか町へ少し戻り左側小高い丘を登って
新冠温泉レ・コードの湯ホテルヒルズ 日帰りで温泉を利用出来ます。
ログハウス風の洒落た建物温泉からは牧場が眺められくつろげます。
片や牧場、片や太平洋
透明ですが肌にヌルヌル感があります。
e0043548_14471173.jpg

日高山脈から取り出した2トンの日高石  どうやって運んだのやら!
e0043548_14503926.jpg
e0043548_14505539.jpg
e0043548_14512432.jpg

太平洋に沈む夕陽を望められるようですがこの日は夕日が沈むまでちょっと間がありました。
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-09 12:04 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-6

とんでもないお土産を持ち帰ってしまいました。
水曜日脇腹が赤くなって刺のような物が見えます。
ロングドライブのストレスから帯状疱疹がでたのか、ともかく気持ち悪いので
皮膚科で受診 マダニ です。
「どこか行きましたか 」
「 北海道で林の中を歩きました。」
「 それでしょう 切開して取り去るのが一番です。すぐ手術しましょう。」
「早くきて良かったですね」
いつ付いたのかと思うと気持ち悪い限り 多分最終日ウトナイ湖サンクチュアリの林の中でしょう。
抗生剤を飲み一週間後に抜糸ですって。治まると良いのですが。
e0043548_15423213.jpg

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター前です右奥の林の中を鳥を探しながら歩きました。
鳥の声は近くで聞こえますが緑が生い茂り見付けることができません。
あいにくセンターは休館日でアドバイスも頂けませんでした。

渡り鳥のメッカで時期には相当数の鳥達が集まるようです。
e0043548_15495284.jpg


ウトナイ湖サンクチュアリ自然観察路ストリュートビュー
[PR]
# by NPHPID | 2017-07-07 16:24 | 北海道 | Trackback | Comments(0)