NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

ルピナス-1

アメリカバーモント州に住む絵本作家”ターシャ・チューダー”さんの「世界一夢を持つ庭」
と言う番組の中で面白い話が紹介されていした。
90歳のターシャさんは電話を発明したベル氏と親交があったそうで、
「ベル氏はポケットにルピナスのタネを入れて全米を周り
行く先々でルピナスのタネをまいて歩いた。そのおかげで全米どこへ行ってもルピナスの花に出会える。」
ルピナスの種にどんな思いをのせてまいたのでしょう。
e0043548_736435.jpg

5年前サンフランシスコ ゴールデンゲート際で初めて背の高いルピナスを見たとき
アメリカ的な花だなと思ったのを思い出しました。
残念ながら今回は見かけませんでした。

こちらは5月に撮影した県立大船フラワーセンターのルピナスです。
e0043548_7403197.jpg

これからアメリカを旅行する機会があったら皆さんもベルのまいたルピナスを探してみてはいかがでしょう。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-26 07:43 | flower | Trackback | Comments(0)

ゲッティセンター-3

西館下に広がるのはカリフォルニアのアーチスト、ロバート・アーウィンによって設計された中央庭園。
花の迷路、500種のプラント、つつじが浮かぶプール。 常勤の庭師が32人いるとか。

e0043548_10284931.jpg


☆~サイト検索したら~☆
ミケランジェロ“聖家族”、レンブラント、マネ、モネ、ルノアール、セザンヌなどの作品も展示されている。
最も話題の作品は 5,390万ドルで買ったゴッホの“アイリス”。
17世紀から18世紀のフランス貴族が愛用した装飾品も見逃せない。
    皆見逃してきました。ゆっくりロサンゼルス滞在の旅を計画したくなりました。

メインプラザの近くには美術館の常識を超えた本格的なレストランも設けられ、
1Fには415席のカフェテリア、2階には225席のフルサービスのレストラン、(完全予約制)
現代アートに囲まれたメインダイニングでは旬の食材を使った南カリフォルニア料理を
味わえるそうです。
e0043548_10445581.jpg

e0043548_016531.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2005-09-25 10:36 | HolidayinCalifornia | Trackback | Comments(2)

ゲッティセンター-2

リチャード・マイヤーという、 有名な建築家の設計によるもので、建設中から話題になっていたそうです。
石油王のGetty氏の遺産でできた美術館で多方面のコレクションが展示されているようです。
$10億かけて建設され、毎年遺産の数%を使わないといけないんだそうですが、使うのも大変なようです。
入場料は無料。(企画展など特別な催しものは別。)
日本の熱海のMOA美術館仙石原のポーラ美術館など日本にもお金持ちが収集した作品を
展示する美術館はたくさんありますが、どこも高額な入場料を取られます。
ゆったりとしたスペース植栽にも工夫がこらされています。
近くにはビバリーヒルズの邸宅遠くにはダウンタウンを眺めることができます。
e0043548_19182545.jpg


ビバリーヒルズの邸宅しかりゲッティセンターしかりアメリカのお金持ちは桁がちがうようです。
一方今回のカテリーナの被災者のように逃げる手段がなく取り残されてしまった人々がいる。
年間所得格差も膨大・・・・・・・とか
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-24 19:27 | HolidayinCalifornia | Trackback | Comments(0)

ゲッティセンター-1

ビバリーヒルズを上がった小高い丘の上にゲッティセンターはあります。
e0043548_903028.jpg

下で車を降り無料無人トラムにのって5分ほど丘を登ります。
e0043548_858813.jpg

ボランティアの方が、入る人数も制限しています。
「別世界にいるような気持ちになれるように」というのがモットーのようです。
e0043548_91239.jpg

Getty Center. アメリカでも有数のコレクションを誇る美術館で観光客、地元の人を問わずロサンゼルスで1番行ってみたい場所とあげる人も多いそうです。
美術館は5つのパビリオンからなりそれぞれのパビリオンへは中央広場から放射状につながっています。
e0043548_974569.jpg

ちょうど企画展としてレンブラント展が開催されていましたが、B氏との待ちあわせの時間は1時間後。
モネ・ゴッホの作品古代美術から中世までしかっり網羅されているそうで、1日時間をかけてゆっくり訪問したい所です。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-24 09:01 | HolidayinCalifornia | Trackback | Comments(0)

ハリウッド

The Walk of Fame
ハリウッドのメインンストリート ショービジネス界で名をあげた人々の名前を記した星形のブロンズがはめ込まれています。
映画、TV、ラジオ、レコードの4つの分野のマークと共にきざまれています。
踏みつけてはいけないような気がして私は名前をよけて進みましたが。
e0043548_22495981.jpg



e0043548_22533580.jpg

星形をたどってすすむと人だかり。赤と緑が鮮やかな中国寺院風建物チャイニーズシアター。
入口前足下には大スター達の足形手形やサインがあります。
映画のキャラクターに扮した人と記念撮影。
e0043548_22591395.jpg

スーパーマンの掌にはチップが握られています。チョット盗み撮りさせて頂きました~
ワクワクワクワク・・・・・・・

「夜のハリウッドの方がきらびやかで楽しいけれど」と案内していただきましたが何の何の
とっても楽しいウォーキングとなりました。
この後サンセットストリップ、ビバリーヒルズへと何だか憧れのアメリカのオンパレード状況になってきました。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-20 23:09 | HolidayinCalifornia | Trackback | Comments(0)

チョコレートファクトリー

コダックシアター1階のチョコレートファクトリーです。
ウィンドーを覗いているだけでも楽しくなるチョコレートやさんです。
e0043548_22541759.jpg

リンゴにコーティングしたようなこのチョコレートどうやって食べるんでしょう。
中に本当にリンゴが入っているのやら すごいボリューム。
e0043548_2355554.jpg



e0043548_2355896.jpg


公園や街中でシニアの男性もアイスクリームをほおばっているのを良く見かけました。
日本でも食べながら街を歩く姿は見かけるようになりましたが、シニアの男性とアイスクリームの取り合わせはあまり見かけません。
ケーキ類の甘さも半端でないそうです。朝食のマフィンの甘さに閉口しケーキには手が出ませんでした。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-19 23:16 | グルメ | Trackback | Comments(0)

中秋の名月

きれいな十五夜が見えます。
ススキもお団子の用意もございませんが
ゆっくりおくつろぎ下さい。
今回はワイナリー巡りまで時間がとれず残念でした。
e0043548_23481513.jpg

[PR]
# by NPHPID | 2005-09-18 23:50 | グルメ | Trackback | Comments(2)

ウォルトディズニーコンサートホール

ロサンゼルス 2003年10月オープンのウォルトディズニーコンサートホールです。
曲線と直線を多用した非対称な形状の建 物は、銀色に輝くステンレス。
風をはらんで進む帆船のイメージだそうです。
一方金属質な外観とは対照的に、内部は木材をふんだんに使用した、モダンで かつクラッシックな雰囲気を併せ持っているそうです。
音響設計者は日本人だそうです。
e0043548_7372776.jpg

隣はオペラ劇場
e0043548_7381198.jpg

ミュージカル劇場とつながります。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-16 07:41 | Trackback | Comments(4)

海岸沿いを南下

サンタバーバラからロサンゼルスへ
US-101からCA-1へ海岸沿いを南下。急な断崖があるかと思うと砂浜が現れたり
広い太平洋を眺めながらのドライブ。 ひたすら走った前日の方が青空と海はきれいでした。
この日は少し曇り気味、道路沿いや海岸に駐車し海で遊んでいる人が見えます。
e0043548_1920364.jpg

岩場に出てきたリスは食べるのに夢中です。人が落としたお菓子を食べているようです。
e0043548_19242023.jpg

一本道だからと運転交代。「中央によりすぎ」と言われても右海岸側にはガードレールもなく
手に汗握り悪戦苦闘・・・・・・・
週末はロサンゼルス市内は帰宅渋滞になると言われていましたが、近付くにつれ車の量も増え
運転交代。

サンタモニカの海岸は砂浜が広くビーチバレーのコートが何面も作られていました。
e0043548_19324231.jpg


いよいよ都会へと入って行きます。その後渋滞が続きリトル東京についたのは19:00近くでした。
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-14 19:36 | HolidayinCalifornia | Trackback | Comments(1)

サンタバーバラ スターンズ・ワーフで昼食

スターンズ・ワーフで昼食

桟橋のレストラン「MOBY DICK」(白鯨)で昼食。
対岸にはヨットハーバーが見えます。カッショクペリカンやカリフォルニアカモメが飛び交っています。
e0043548_18351718.jpg

アメリカのレストランでの体験。仕事の分担がきちんとできています。
*テーブルに案内しメニューをおくかかり
*飲み物の注文をとり運ぶかかり
*食事の注文をとり運ぶかかり
こんだお店に入るとなかなか食事の注文を取りにきてくれません。
業を煮やして他の人に頼んでも決して人の領域には入りません。
皆さんは飲み物をいただきまながらゆっくり歓談されていますが、せっかちな私たちはつい早く
注文し、早く食べたい。
e0043548_18361225.jpg

2人分1皿のフィッシュフライセットを注文。「パンとコールスローがつく」事は事前にチェックしました。
貝柱、エビ、白身魚、オニオン、ポテト 新鮮で美味しかったのですが、やはりボリュームが・・・・・
[PR]
# by NPHPID | 2005-09-12 18:45 | グルメ | Trackback | Comments(0)