NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミュージック花火 福島~♪ 2015.05.30

ミュージック花火 福島~♪

[PR]
by NPHPID | 2015-08-30 13:55 | Trackback | Comments(0)

夏祭り~ボランティアHULA 

7月地域のお祭りで踊らせていただきました。
HULAの衣装で盆踊りにも参加しました。
薄暗くなりかけた空には三日月。  月をみながら”月の夜は”~♪~♪
Yuotubeからお借りした画像


kokiokeaの皆さんの笑顔の素敵なこと
e0043548_1144611.jpg

櫓を照らすライトも雰囲気をもりあげています。
e0043548_11435082.jpg

月の形を作ったその先に月がみえ最高のロケーションでした。

そして8/15は3回のレッスンで新曲披露。
マウイ島雲の綺麗なカウポ MeKananiA'oKaupo
2回目にフリの変更や移動がありてんやわんや。
とっても速い曲で踊りきるのに必死。
       笑顔と一緒にHAWAIIの雰囲気皆様に届いたでしょうか。
[PR]
by NPHPID | 2015-08-19 12:01 | Trackback | Comments(0)

桃狩り

北海道紀行途中ですが昨日行った桃狩りの様子のお知らせ
大菩薩峠の麓に移住した友人宅へ桃狩りに

桃の時期はもう終盤で勝沼から塩山へ向かう桃畑は幹と緑の葉だけでした。
友人から「桃は終わりすももの収穫が本番になっている」の連絡
6月にすももの笠かけの援農に行った友人3人と友人宅で合流。
早速桃農家の倉庫へ。
友人のご主人が貴陽(すもも)の撰別を行っていました。
オーナーが畑から戻りました。
今年初めて笠かけ援農に参加したEちゃん
「大丈夫でしたか、大きく育ったのかしら」
e0043548_14305019.jpg

梅の実ぐらいの大きさの時に脚立にのり
      白い紙をかけホチキスで止める作業を手伝ったそうです。
e0043548_1431275.jpg

見事に大きく育っています。 高級品種”貴陽”です。 
普通のすももと比べ大きく桃ぐらいです。 香りが良く果肉はマンゴーの様な色味。
少し酸味はありますが完熟したものは甘く美味しい。

出荷できないすももをコンテナに入れて下さり。
 「これを持って行けばイイよ」
「こっちのはもう捨てるやつ」
「食べてもイイですか」・・・・・・
中はマンゴウのような色甘くジュウシーです。
「おいしい!」 
 捨てる分はジャムにするのでと結局コンテナ6個分をいただきました。

桃が欲しいと言いますと、
「桃はもうない。
どうしても欲しかったら畑に残った桃を持って行ってイイよ
      籠1個分もないかもしれない」
e0043548_14414624.jpg

脚立まで取り出して籠二つ、コンテナ一個満杯に収穫しました。
かしましい+2 5人で大騒ぎの桃狩り。
 ももは幹に結構強くなっていて取るのに一苦労。 桃をだいぶ傷めてしまったようです。
kaichoは高いところ担当
e0043548_1442043.jpg



友人宅へ戻りお昼は友人お手製の桃パスタ
ポン酢の買い忘れ、
生クリームは購入するもババロアに使ってしまい「な~い」
パスタの準備にとりかかる人、 桃、貴陽を分ける人、買い物に走る人。

e0043548_14421224.jpg

和だし汁、ポン酢で作った汁を冷やしたパスタにかけ、
ホイップした生クリーム、桃のスライス、ハーブを飾ります。
和だし、ポン酢での味付け意外とさっぱりパスタに合います。
酸っぱさの後に来る濃厚な生クリームとももの香り甘さ。
桃産地でないとなかなか食べられない贅沢パスタです。
畑から渡って来る涼しい風 冷たい桃パスタ  しあわせ!
デザートは友人お手製オレンジババロア。
高価な桃をふんだんに使ったパスタ。
ダンボール箱いくつものもも、貴陽を車いっぱいお土産にいただきました。

来るときはダンボール、緩衝材をもって必ず車で来てね。  ハイハイ来年もよろしく!
[PR]
by NPHPID | 2015-08-11 15:05 | グルメ | Trackback | Comments(0)

初夏の北海道-17 礼文島

北のカナリアたち


森山未來の演技が絶賛されていたのでどんな人かと興味を持ってみました。
大まかなあらすじはネットで公開されていたのですであまり期待せずにみましたが
見応え有りました。 礼文島の景色が美しい。
北のカナリアパークが雪に埋もれた景色は凄いです。
良く撮影をしたものだと感心しました。
成人してからの6人が役者揃いですね。
それにしても冬の離島礼文で村の人達はどうやって暮らしているのでしょう。

吉永小百合の40代と60代の演技そう思ってみればそう見えます。
演技力でしょうか。
[PR]
by NPHPID | 2015-08-09 15:53 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

初夏の北海道-16 礼文島

礼文林道(元地側)入口へ戻り桃岩展望台へ
バス通りの急なカーブを抜けるとレンジャーハウス横に駐車場があります。

e0043548_922346.jpg

駐車場より両側に花の咲いている傾斜地を登って桃岩展望台へ

前週ツアーに参加した友人はここから知床へ3時間のトレッキングだったそうです。
丘を登るコースで道が狭く霧、風で傘は使えないのでレインウェアで歩いたそうです。
この日は快晴で風は強かったですがラッキーでした。
ネコ岩
e0043548_941514.jpg

桃岩  頂上が割れて桃の様になっていたのですがうまく撮影出来ていません。
e0043548_9423444.jpg

e0043548_943177.jpg

久しぶりの撮影でよい写真が撮れてなくて残念です。
e0043548_9433657.jpg
e0043548_944271.jpg

バスツアーの一行が現地ガイドの案内で何組もいます。
足下の心許ない年配者も何人か急坂をのぼられていました。
レンタカー利用でしたので軟弱個人ツアーです。
展望台から駐車場へおり 
 映画「北のカナリアたちの」ロケ記念公園北のカナリアパークへ
e0043548_9504195.jpg

ここからも利尻富士が見えます。
e0043548_9511946.jpg

e0043548_9523348.jpg


原野の真ん中に校舎は有ります。
民家は近くに一軒もないしここへ登校するってとても大変です
多分ロケ地に使っただけなんでしょう。 
[PR]
by NPHPID | 2015-08-06 09:56 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

初夏の北海道-15 礼文島

レブンウスユキソウ群生地は、香深側(元地側)から2kmのところにあります
(林道入口からだとゆるやかな上り)。
e0043548_14165093.jpg
礼文島西海岸(利尻富士とは反対側の海岸線)を見下ろすことができます。
ここから吹き付ける風で礼文ウスユキソウは土にへばりついて咲いています。

レンジャー小屋の先を行くと礼文滝があるそうですが、難路のようなので小屋からUターンです
e0043548_1431524.jpg

e0043548_14314728.jpg

西側は風の吹き上げが強く
東側は林の向こうに海ですので東側の花は大きく綺麗です。
e0043548_14424661.jpg

エゾカンゾウ
e0043548_14323724.jpg

エゾカワラナデシコ    スコトン岬より茎が長いです。
e0043548_14354438.jpg


チシマフウロ
e0043548_1436576.jpg

[PR]
by NPHPID | 2015-08-04 14:44 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

”自動運転”  

kaichoが30年近く取り組んできた自動運転について、その技術などをまとめた本が出版されました
同じく長いこと自動運転に取り組んできた津川定之氏、青木啓二氏との三名共著です。
7月31日に森北出版から発刊されました。
自動駐車や渋滞時の自動追従などの自動運転は年内にも発売され、さらに高度な自動運転の実用化が近いと言われています。

自動運転のシステムと技術の基本について分かり易くまとめました。
自動運転システムとはどのようなものか
自動運転はどのように発展してきたか
自動運転の技術内容
自動運転の研究開発事例
自動運転の課題
など、自動運転全体について述べています。

書籍紹介や内容見本(PDFファイル)が下記に掲載されています。
  自動運転

e0043548_1714832.jpg

[PR]
by NPHPID | 2015-08-03 17:06 | Trackback | Comments(0)

初夏の北海道-14 礼文島

昼食後は礼文ウスユキソウ群生地を目指します。
桃岩展望台への手前右折し礼文林道へと登って行きます
青空の中に利尻富士がきれいな姿をあらわします。
e0043548_16184923.jpg


宗谷岬への途中でも気になった棚田風傾斜地がここにもあります。
e0043548_16205085.jpg

山火事後の植林だったんですね。 山火事注意の看板は至る所で見かけました。
e0043548_1622545.jpg

宗谷岬途中牧草地の先に広がっていた風景
e0043548_1624774.jpg

[PR]
by NPHPID | 2015-08-03 16:32 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

初夏の北海道-13 礼文島

香深でスコトン岬方面の食事処を聞いたところ
「船泊の双葉食堂が良いかもしれません」との紹介があったので船泊へ
所が双葉食堂は休み ではどこでと食事処を探していた時にお神輿に出会いました。
スーパー前の村の人達はお神輿の演技が終わるとご祝儀を渡していました。

道路沿いには食堂らしきものはみかけませんでした。
ではフェリー乗り場へ戻り ”武ちゃん寿司” で待望のウニ丼に。
12時を回った所でほとんど満席です。
そこで稚内フェリーの食堂のマスターに頂いた紹介状を提示。
「武ちゃん寿司はツアーの団体客が入るからお昼時はなかなか案内してもらえないよ
この名刺を出して席をとってもらいな」
マスター有り難うすぐに案内して頂けました。 サービスも付くともっと良かったのですが。
e0043548_158791.jpg

e0043548_1582982.jpg

運ばれてきたウニ丼は想像していた物より小ぶりでしたが
  バフンウニ丼甘くて口溶け良く美味しい!  値段は???

帰宅して礼文島NAVIをみたら
「島内で使えるとっても便利な礼文島プレミアム商品券
の案内
e0043548_15461750.jpg

フェリー乗り場売店で書いてありました。 
そもそもプレミアム商品券が何か分からず気にもしなかったのですが。
5000円分の商品券で6500円分の買い物が出来たんです。
30%off でウニ丼が食べられたんです。 残念!

横浜プレミアム商品券も7/21迄の申込受け付けをしてました。
こちらは10000円で12000円分 抽選申込なので応募しましたが、
地方の方が割引率がよいようです。

しっかりアンテナを貼ってお得情報を手に入れなければ。

利尻礼文島旅行で戸惑ったのは 宿の支払いです。
宿はネットや電話で予約したのですがほとんどが現地現金精算。
と言う事はレンタカーも・・・・・・
我が家はカード利用が多くあまり現金を持ち歩かないので
いったいいくら用意したらよいやら
概算をだし現金を用意+郵便局のカード持参。

両島とも立派な目立つ郵便局、稚内信金が目に止まりました。
郵便局は全国区。郵便、貯蓄、保険、通販と過疎な場所では貴重ですね。
[PR]
by NPHPID | 2015-08-02 15:17 | 北海道 | Trackback | Comments(0)