NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

台湾・高雄-12 緑豆かき氷

e0043548_7525914.jpg

e0043548_7531613.jpg

きめの細かいかき氷。評判のトッピングは売り切れだったようです。 
e0043548_7533581.jpg

緑豆:小豆より甘さ控えめ、豆の自然な甘さが口の中に広がります。
薏仁(はと麦)入り。
こんにゃくの様な食感の物タピオカ?も入っています。
よく分からないけれど甘味があり暑さを解消してくれます。

お店は倉庫のような場所で簡易テーブルと椅子が置かれ
ひっきりなしにお客さんが訪れます。 
e0043548_7541550.jpg

ここでの会計も友人が注文と一緒に払ってくれて価格は分かりません!?
多分たいした額ではないと思います。(おんぶに抱っこの贅沢高雄ツアーが続きます)
[PR]
by NPHPID | 2015-03-31 08:10 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾高雄-12

e0043548_16205474.jpg

e0043548_16212949.jpg

e0043548_8174152.jpg

台の中央にあるお供えセットを購入長いお線香も付いています。
廟の目の前の通り沿いにある天公炉に向かい、廟を背にして立ちます。
線香を3本とも頭の上に持ち上げたまま、名前、生年月日、年齢、住所、
お願いごとを天公(天の神様)に伝えます。
手の平にお札を載せ炉の入口に差し出すと上昇気流に乗って手の平の
お札が舞い上がります。
次々に舞っていくお札をみていると願いが叶う様なきがしてきます。
e0043548_16223691.jpg

e0043548_1623074.jpg

我が家は家族が増えますようにと、
友人は
「いつもね、子ども達が私たちより先に行くことがないように願うの」
「結婚や出産などかなう人がいるのよ。 お礼参りにも来なきゃダメよ」
もう願いが叶えばお礼に飛んできます。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-26 16:34 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾高雄-11、懇丁(ケンティン)

懇丁(ケンティン)は3つの海峡を一度にみられる台湾最南端の最大級ビーチ
台湾のハワイと呼ばれて
海岸通りはバカンスの雰囲気でモダンなホテルも並んでいました。
サーフィンのメッカでもあるそうです。
最南端ガランピ岬をを目指したのですが、
大陸の観光客を運ぶ大型バスがずらり。
スルーして猫鼻岬へここにも大陸人が大勢いました。
e0043548_21442875.jpg

バシー海峡を挟んで対岸に最南端ガランピ岬がみえます。
遠くに風力発電の風車、原発の施設もみえます。
綺麗な穏やかな海です。 猫鼻岬の先はフィリピンです。
e0043548_21445237.jpg

木々の間を良い声で囀っていたクロガシラ
e0043548_2147468.jpg

私でも撮れるくらい人のそばに飛んできます。
嘴の所に赤い斑点 写真ではわかりにくいですが尾翼は緑がかった黄土色です。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-25 17:10 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾高雄-10太平洋目指して

3日目 朝食後 友人お勧めコース高雄から台湾南部を横断し太平洋目ざしてロングドライブです。
今まですれ違う車にであったことがないコースと言う事でしたが
旧正月の為かはたまたドライブコースとして推奨されたか何台かの車に出会いました。
また太平洋側から登ってきたマウンテンバイクの一行ともすれ違いました。
以前サイクリングをする友人が
「ここを自転車で走ってみたい」と言っていたそうですが魅力的なコースなのでしょうか。

私たちはもっぱら鳥の声を求めて行きます。人家はほとんどありません。
コースから外れ原住民が住む地域に回ります。
道路脇の木にランが植えられています民家が近いのでしょうか。
e0043548_15121137.jpg

突然オオカンムリワシの壁画
e0043548_15113019.jpg

部落への道沿いに狩りをする壁画も描かれています。
e0043548_15114839.jpg

小さな部落のようです。
外にいた叔父さんに
友人が鳥を探していると話すと、この辺にはあまりいないと先の方を教えてくれました。
  高雄では会話は台湾語(文字はないそうです)、公式言語は北京語だそうで、
  友人はどちらも分かり+英語も話しています。
  日本語の言葉もなかなか出て来なくなって来ている自分が恥ずかしい。
ハイビスカスの群生
e0043548_1515046.jpg

e0043548_1515185.jpg


ブーゲンビリア
e0043548_1515455.jpg



表れました枝先にゴシキドリです。
e0043548_15165012.jpg


木々の間を小さな鳥も飛び交っています。
しろがしら、クロガシラかな。
鳥との距離が凄く近いです。 綺麗な配色のヤマムスメのしっぽの縞がみえました。
NPHP掲示板でkaicho撮影の
ヤマムスメ
ご覧下さい。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-19 15:28 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

春の花~いたち川

今日は風もなく久しぶりの晴天
埃を被ったままのノルディックポールを引っ張り出してウォーキング
いたち川沿いの笠間の先の公園の梅が満開のはず~~

例年通りマンサクが満開です。
e0043548_15234658.jpg

e0043548_15235988.jpg


アセビも綺麗に咲きそろっています
e0043548_15242898.jpg

さらにすすんで公園に  少し遅かったようで梅は散り始めています。
ヒヨドリが一生懸命啄んでいました。
公園のフェンスの外側に河津桜が満開。株の下には満開の白いアセビ
e0043548_15414646.jpg

e0043548_15415852.jpg
鮮やかなピンク。待ちに待った春がきた~!!
[PR]
by NPHPID | 2015-03-17 15:44 | flower(春) | Trackback | Comments(0)

台湾・高雄-9 肉まん朝食

「ホテルのバイキングより美味しい物を食べよう」
と2日間連れて行ってくれた 興隆居 
e0043548_16475188.jpg

早朝から行列です。朝食をここで済ませる人、テイクアウトする人
ここで朝食をとって学校へ向かう学生もいるそうです。
一晩中営業しているようで夜中は夜中で利用者があるようです。

1日目は湯包と豆乳スープ 3人分で800円弱
蒸し立ての熱々の肉まんを頬ばります。
希望の物をゆびさし何個.先に進みのみ物を注文 。
1日目はお店の雰囲気に圧倒され写真をとるのも忘れ熱々の肉まんを食べました。
2日目は 昨晩日本人会の先生が教えてくれたパイ生地サンド
e0043548_1649168.jpg

「パイ皮を半分に切り 中にアルハルハ、リンゴ、ハム、トマトが挟まっているの
3つに切ってシェアするの。美味しいヨ」
中を開いてみると話の通り甘味の少ないパイ生地がサクサク美味しいです。
 (皮がボロボロこぼれて食べにくいのが難点ですが)
 アーモンド豆乳飲料
e0043548_16491676.jpg

飲み物はとにかく量が多くて飲みきれません。
興隆居は行列のお店で隣りに同じような店が出来たそうですがそちらも繁盛しているようです。
台湾の活気溢れる雰囲気一杯の安くて美味しい朝食でした。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-15 17:08 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾・高雄-8 漁麺

2日目の昼食は魚のすり身で出来た麺 卓家 仙頭漁麺へ
12時に少し前に行きましたが人気店のようで行列していました。
e0043548_16384155.jpg

e0043548_16381242.jpg

小麦がつなぎに入っていないとかでブツブツ短い麺です
白いスープで魚の出しが出ていて美味麺はフワフワした感じです。
e0043548_16413451.jpg

厚揚げの煮物 おでん風色は濃いのですが甘辛いかんじです。
卵は小さめです。
青菜はほうれん草の炒めた物。茎が空洞です。
日本で年越しそばを食べるように台湾では長い根付きのほうれん草を
長生きするように大晦日に食べるそうです。

お店の路地の奥にはカラフルな廟?がありました。廟の前のテント下に設置されたテーブルで頂きます。
e0043548_16483390.jpg


「デザートは別腹ね。是非カレーの皿にのったこれを食べて欲しいの3人で1個」
出てきたのは巨大氷イチゴ イチゴがジュウシーで食べごたえがありました。
e0043548_16512778.jpg

友人のお婿さんは鎌倉の納言で宇治金時をたべ 量が少なく高いのにびっくりしたそうです。
そりゃこの量を食べていたらそうですよね。
   値段はのんきにみんな友人におんぶにだっこで分かりません。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-14 16:54 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾・高雄-7 レンカク

官田郷のレンカク生態教育園区
e0043548_11713100.jpg

官田は「ヒシのふるさと」という美称があり、
ヒシ栽培の池沼にレンカクが生息、繁殖するレンカク(蓮鶴)はヒシの
葉の上を歩く美しい姿がよく見られる。
以前は台湾全土で見られたレンカクも
今では台南のこの地だけが繁殖地になってしまったそうです。
e0043548_118184.jpg

10-5月は冬羽は色もあまり綺麗でなくV字型の尾羽根が特徴。
e0043548_11103848.jpg


湿地帯の回りには観察エリアがあり現地のバーダーの方も数名おられました。
e0043548_11201597.jpg
綺麗な夏羽の時期に再訪したいです。


レンカクは一妻多夫でメスは子育てをしないそうです。
「私もそれがイイ~」って高雄在住の友人。
「大勢いたら世話が大変じゃない」ね~
胸までの長靴を履いて菱の実を収穫している方達も見られました。
道沿いでは茹でた菱のみを売っています。
栗と似た食感で水栗とも呼ばれるそうで、。
友人は形から「悪魔の実」と呼んでいました。
e0043548_1184098.jpg


1920年に日本人技術者の八田與一により建設した烏山頭ダムも近くです。
レンカク教育生態区の付近はサトウキビ畑が広がっていました。
また台湾では八田の灌漑推進により稲の二期作が行われているそうです。
今は米の改良も進み美味しいお米もとれるそうです。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-09 08:14 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾・高雄-7 クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギは世界でも大変珍しい鳥種で、絶滅危惧保護動物に指定されています。
e0043548_1629547.jpg

高雄国際線ターミナル70の壁画 クロツラヘラサギが沢山描かれています。
台南 七股地区 湿地帯に有るクロツラヘラサギの生態展示館たずねました。

毎年10月には台湾北方の韓国や中国東北地方から七股曾文渓の河口に飛んできて越冬します。
台湾で越冬する数はおよそ数百羽
クロツラヘラサギはパンダよりも数が少なく、またその大部分が七股曾文渓谷河口に飛んで来るそうです。
毎年9月から10月にやって来て、翌年3月から5月頃に飛び立ちます。

クロツラヘラサギは、北からロシア、中国、北朝鮮、韓国、日本、
台湾、香港、マカオ、フィリピン、ベトナムで確認されている。
こうしたアジア各国を渡るため、「アジアンバード」とも呼ばれているそうです。

海から流れ込んだ川でカキの養殖が行われています。
サギやシロガシラの姿は見えますが クロツラヘラサギは??
海岸近くへ向かうとクロツラヘラサギの看板
更に進みます。有りました。
e0043548_16295573.jpg

ウエルカムボードには今日は23羽確認出来ると書かれています。
気持ちがはやります、  「ここでいろいろな資料を見てからでも大丈夫」
e0043548_16302451.jpg

施設の方が日本語で生態など説明してくれます。
漁師は小魚をとらないのでそれを求めて様々な水鳥が集まってくるそうです。
e0043548_16304637.jpg

別棟の観察スペースへ移動。
e0043548_1631562.jpg
「デジスコに入っていますよ」
遙か遠くの干潟に、もぞもぞ動くクロツラヘラサギの姿が見えます。
昼間はあまり動きがなく夕方頃になると餌を求めて動き始めるそうです。
葛西臨海公園に入ったときに1羽見ましたがその時と同じくらい遠いです。
でもクロツラヘラが数羽います。  遠く霞んだ干潟に確かに動いています。

クロツラヘラサギ生態展示館
住所:台南市七股区十份里海埔47号
電話番号:+886-6-7881180
[PR]
by NPHPID | 2015-03-06 16:51 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾・高雄-6-六号観光夜市

中央公園でランタンが芝におかれていました。
e0043548_1792691.jpg

  吉祥九九@中央公園
   99頭の大小のヒツジが草原に集う様子を表現した。
   幸福が長く続くことを象徴しているのだそうです。

暗くてよく分からなかったのですが羊だったんですね。

美麗島駅を経て六号観光夜市へ
歩行者天国になっているようですが時々バイクが通り抜けていきます。
平日の夜ですが結構な人出です。
春節で中国大陸から来ている観光客のようです。
e0043548_20591472.jpg

ウーロン茶を入れています
e0043548_20594471.jpg


海産物の店 手前の大きなカキにビックリ
友人によると高雄のカキは親指ぐらいの小ささ、
大きいのは多分オーストラリア産だそうです。
e0043548_210638.jpg

屋台の前にあるテーブルで購入した物を頂きます。

e0043548_2155853.jpg

夕食後によりましたのでウオッチグのみでした。

観光客目当ての屋台で価格設定も高めとか。
確かに街中での物価は2桁元が多かったですが
ここでは3桁元が多く見られました。
衣料品、鞄店などもあり賑わっていました。
[PR]
by NPHPID | 2015-03-04 17:11 | 台湾旅行 | Trackback | Comments(0)