NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カナダ オーロラ防寒具

マイナス30度の世界での服装
上はヒートテックのハイネック、セーター下はヒートテックのタイツ靴下
レンタルの 防寒靴、手袋、サロペット、上着、帽子
防寒靴は中が毛羽立っていて重たいですが暖かいです。
e0043548_15531377.jpg

サイズガ若干大きめでしたがその方が空気が入り暖かいそうです。
2日目の市内巡りの際履いて行きましたが重たくて大変でした。
街行く人は革靴の人もいて街中を歩くにはレンタルの防寒靴は必要なかったです。

夜間1日目につま先が冷えたので2日目靴下用カイロを使いましたが
小さい分暖かい時間が短く 最終日は寒くなったらつけようと用意したのですが
最終日は雪となり冷え込みませんでした。

沢山持参した携帯用カイロはあまり出番がなく持ち帰りました。
[PR]
by NPHPID | 2014-03-28 17:15 | カナダ オーロラ | Trackback | Comments(2)

カナダ オーロラ観察小屋

ツアーガイドの方も色々楽しませてくれます。

メープルシロップを煮詰め雪を詰めたボールに線状にたらします。
急いで割り箸で丸め込みます~~メープルトッピィーのできあがり
私はフォークにさして屋外に放置したマシュマロで絡め取りました。
e0043548_1550187.jpg

表面は甘く美味しいですが、マシュマロはコチコチ。 
普通のマシュマロの方がよいですね。

再び屋外
焚き火を囲んでベーコンの網焼き、マシュマロ焼、
チョコチップクッキーを炙っても美味しいです。
(t特に厳寒地である理由はありません)
e0043548_1553325.jpg

Dellと言うソーセージやさんにいろいろな動物を加工したソーセージがあったのですが、
夕食で完食してしまい 残念。

次はスノーシュー体験
e0043548_15564253.jpg

カンジキが大きく距離を進むのは大変です。
おまけに自分の足幅の感覚がうまくつかめず片方の上にのってしまい倒れていました。
新雪の中を進みます。
 「足跡があります。なんでしょう?」の問いかけに
ガイドの方が膝までずぶずぶ入って見に来てくれました。
「ウサギですね」 結構大きな足跡でした。
(ちなみにオプショナルツアーに参加すると2万円だそうです。)

ホワイトホースの雪はさらさらで雪だるま作りは難しいそうです。
写真の白い粒は雪です。
最終日はマイナス14度雪は降っていますが、体感温度は前日と比べるとズット暖かです。

HPHPkaicho作成の ホワイトホースのオーロラ ページもご覧下さい。
[PR]
by NPHPID | 2014-03-23 16:01 | カナダ オーロラ | Trackback | Comments(0)

カナダ オーロラ観察小屋

2日間は冷え込んでいましたので小屋に入ったり出たりしながらオーロラを
楽しみました。
マイナス20度を超えて冷えますので素手で金属を触るとくっついって取れなくなります。
小屋の出入り口のノブも木で出来ています。
薄い手袋を用意しその上に防寒用のてぶくろをします。

e0043548_1415946.jpg


小屋の中にはストーブがありスタッフが暖かい飲み物を用意してくれています
e0043548_14152397.jpg
e0043548_14153038.jpg


大学院生が様々な実験にいどんでいました。

水とオレンジジュースで作られたオブジェ?
e0043548_14245494.jpg

透明人間登場! 
e0043548_1426146.jpg

 凍ったTシャツの一人歩き~~

オーロラバックに 罪なタオル
e0043548_1447997.jpg


若者のチャレンジを一緒に楽しませてもらいました。
やっぱり発想が豊かです。

熱湯吹き上げ実験は NPHP掲示板 ←ここをクリックでご覧下さい。
水はすぐに氷に変わりパラパラと落ちる音が聞こえます。
さてお湯はどうなるでしょう?
[PR]
by NPHPID | 2014-03-21 14:53 | カナダ オーロラ | Trackback | Comments(0)

カナダ オーロラ

3月初めにPCを入れ替えファイルがあちこち行き
うまく使いこなせていません。

バンクーバー20:50発 飛行機の中から星がみえます。
ほぼ北西に向かっていますので右側東側にオーロラベルトが掛かっている可能性があります。
窓に顔をつけ灯りよけにコートを被って外を見ると白いくも状の帯がみえます。
e0043548_14252718.jpg

写真にとると緑の帯 オーロラです。

やはり出ている・・・・・観察地点へ飛んでいきたい気分一杯です。
ホワイトホース空港-ホテル-防寒着に着替え-オーロラ観測場所へ
すでに北の樹木の上に出ています。
e0043548_14293229.jpg

e0043548_1429405.jpg

観察場所に到着。
早くオーロラに集中したいのにツアー会社の方からの説明が長く~~イライラ。

マイナス30度も防寒着の効果もありそれほどつらい印象はありませんでした。
寒くなると小屋の中に入り あたたかい飲み物やスナックをつまみます。

e0043548_1431293.jpg

e0043548_1430736.jpg


午前1時半 本日の観察を終了。
2つの小屋で過ごした30名ほどがスクールバスでホテルへ。
(昼間は小学生を送迎しているはな有り黄土色のスクールバスです)

本来ですと15時頃ホテル到着で仮眠をとり夜間に備えるのですが、日本から移動後
休憩無しでしたのでホテル到着後はそのままバタンキューでした。
(旅慣れた?kaichoは空港の木のベンチで仮眠をとっていました。
                  空港で寝るのはこれで3回目と言っていました)

2日目の前半低い位置に1時間ほど広がっていました。
e0043548_14301716.jpg

[PR]
by NPHPID | 2014-03-20 14:48 | カナダ オーロラ | Trackback | Comments(0)

カナダ オーロラ

カナダから帰国し1週間が経ちました。

先ずはオーロラの画像 ツアー会社撮影です。
白い斑点は星です。
e0043548_1437040.jpg

ホテルから30分程バスで移動したツアー会社が借りているプライベートエリアです。
北の空遠く木々の上あたりに白っぽい雲状の物があらわれ微かに緑、上辺に赤がみえました。
e0043548_14371321.jpg


オーロラ観察3晩
1日目が一番綺麗に出ていました。 マイナス28度
空一面に☆が溢れています。
しかし飛行機の遅れで予定の便に搭乗出来ずバンクーバーで8時間足止め
結局1時間の鑑賞でした。

2日目 気温は十分な低さで雲もなかったのですが21:30から1時間ぐらいの
出現でした。 あとは工学系院生の様々な実験を楽しみました。

3日目 マイナス14度暖かい?です。そして雪がちらちら結局オーロラの出現はなし。
スノウシュー、ソリ体験
焚き火を囲んでベーコンの網焼き、など話に花が咲きました。

ご多分に漏れず珍道中となりました。
バンクーバー乗り継ぎ1時間半の所成田で40分近く出発が遅れ
途中更に遅れ~~~。
  CA:「バンクーバーにホテルをとりましょうか?」
H:「ダメです今日が一番オーロラウォッチングには最良の予報。
                  ともかく今日中にホワイトホースへ」
  CA:「あ~飛行機の中からも見られますよ」

バンクーバー到着後長蛇のイミグレーションの列をかき分けかき分け前へ
ところが荷物が出てこない・・・・・・

それでも遠い国内線のゲートへ走って走って12:15分着
12:30発なのですが。 
 「Too Late!」冷たい言葉。
次便20:50 ホワイトホース23:30着に変更

バンクーバーの旅行社に連絡。
ホワイトホース空港ホテル送迎を確認。
「あ~あ!」  オーロラへの道は遠い。
バンクーバー市内へ移動。

帰国後年度末の報告書作成に多忙なkaicho 良い写真もあるようです。
整理、時間がとれ次第掲載していきます。

ホワイトホースは静かでのんびりした素敵な町でした。
[PR]
by NPHPID | 2014-03-17 15:02 | Trackback | Comments(0)

カナダ ホワイトホースへ

今日からカナダホワイトホースへオーロラウオッチングに出かけます。
e0043548_11204075.jpg

2月までは連日見られたようですがどうでしょう。
昨日会った友人が「私の友達はみな見られたと言っていたは」といってました。
  「わぁ~Sさんの運をもらって私もバッチり・・・・」
なると良いですがー20度の日もあるようです。
  寒さに弱いのですが大丈夫かな。

いまになって寒い時期は暖かい地にすればよかったと言っています。
[PR]
by NPHPID | 2014-03-05 11:23 | Trackback | Comments(0)

♪~卒業式の歌~♪


e0043548_142914100.jpg


昨日車で移動中伊東四朗出演のラジオ番組で
     「四方の山々霞みつつ~~♪」が突然聞こえてきました。
伊東四朗の卒業した学校でも歌っていたそうです。

小学校から中学3年まで卒業式に歌い続けた曲です。
小1年の時からこんな難しい歌詞を覚えたんだろうか?
懐かしい。
在校生と卒業生が掛け合い、中学になると声変わりした男子の声も聞こえる
あのうすぐらい、寒い大学の講堂もよみがえってきました。

つい最近まで附属のオリジナルソングと思っていましたが
大正6年に,浜松師範学校の音楽教師であった佐々木英(ささきすぐる
後に「月の沙漠」を作曲して有名になる)が,第一回講習科卒業生のために作曲したものだそうです。
[PR]
by NPHPID | 2014-03-02 14:55 | Trackback | Comments(4)