カテゴリ:韓国紀行( 20 )

済州島(Jeju)巡り

出張中の主人の休暇にあわせて
10/28~10/31までチェジュ島へ出かけていました。
主人は28日夕方釜山よりチェジュ島に移動してきます。
私は成田から一足先にチェジュへ向かいます。
羽田-金浦で2度ほどソウルへは出かけたことがありますが、
チェジュは初めて。
早朝成田エクスプレスの号数を間違えて乗車、出発直前に気がつき飛び降り。
前途多難なスタート

石と風と女3多の島巡りどうなりますかお楽しみに

新NPHPブログ版に掲載していきます。
e0043548_7415370.jpg

昨日のNHKの在日韓国人のドラマの故郷がチェジュ島でした。
両親が船にのって日本へ逃れた田舎の海の情景が
東海岸沿いに続いていました。

城山日出峰より撮影 火山によって出来た島が堆積によって陸続きになりました。
e0043548_7394643.jpg

[PR]
by NPHPID | 2010-11-07 07:45 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)

南大門

e0043548_18315232.jpg

                                                2004年8月撮影
韓国のソウル中心部にある名所・南大門(崇礼門)で10日夜発生した火災で、
南大門は11日朝までに木造の楼閣部分が全焼し、石の土台部分を残してほぼ崩壊した。
 南大門は14世紀末に建設され、国宝1号に指定されている。
「ソウルの顔」とも言える代表的な文化財が焼け落ちたことに旧正月の連休明けの国民は衝撃を受けている。


e0043548_1844899.jpg
南大門を中心にロータリーのようになっています。

放火容疑で男性が逮捕されたそうです。
[PR]
by NPHPID | 2008-02-12 18:35 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)

古宮

古宮の屋根下、天井は見事な模様です。
e0043548_21253016.jpg


e0043548_21264233.jpg

[PR]
by NPHPID | 2006-06-29 21:27 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(2)

チャングムの世界

景福宮(キョンボククン)
慶会楼W10,000札の裏にもデザインされています。
画面がくらいですが高床式の建物で2階部分が部屋になっています。
重要な宴会を開いたり外国からの客を接待した場所。
景福宮は秀吉の朝鮮遠征の混乱時に焼失19世紀になり再建された。
e0043548_21572742.jpg

衛兵交代セレモニーを見学しました。
まさにチャングムの世界です。
e0043548_21425223.jpg

太鼓に合わせて行進がくりひろげられます。韓国語、英語、日本語で説明されます。
見学ツアーの日本語ガイドの方は日本の事はあまり悪くいわないようですが、英語ガイドの方はかなり日本を非難する説明があるそうです。
韓国人の多くは日本人への反感を持たれているのではないかと思います。
非武装地帯方面へ移動中コンビニ風なところで「トイレを借して欲しい」とたのみましたら、
日本語、英語とも通じないようで、韓国語ですごい勢いで言葉が返ってきました。
内容は全くわかりませんでしたが、表情は険しいものでした。
ジェスチャーをする訳にもいかず(>_<)・・・・・大変でした。
ガイドの方に頼み事なきをえましたが、
教訓:現地語で「挨拶」と「トイレはどこですか」はおぼえていこう!!
e0043548_21435450.jpg

e0043548_21504981.jpg

チマチョゴリの親子づれ

NPHP韓国美味しいものあれこれのページもお楽しみ下さい。
[PR]
by NPHPID | 2006-06-28 22:06 | 韓国紀行 | Trackback(1) | Comments(2)

景福宮(キョンボックン)

14世紀李王朝の五大宮殿のうち最大の規模です。
道路側からみた光化門 の天井です。
e0043548_2038269.jpg


勤政殿
e0043548_2050135.jpg

勤政殿内部 王を象徴する見事なタペストリーがかかっています。
e0043548_2053519.jpg

[PR]
by NPHPID | 2006-06-20 20:54 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)

ソウル-清渓川

ソウル清渓川(チョンゲチョン)
e0043548_21245875.jpg

川の上には、昨年夏まで、道幅最大80mの巨大幹線道路があり、それでも交通量がはけないため、
さらに4車線の高架道路が走り、1日17万台近い車が行き来していたそうです。 
そんな大動脈を取り払い、その下の清渓川が復活しました。
ソウル市の李明博(イミョンパク)市長が環境最優先を掲げ行った事業だそうです。
漢江から東大門へ続くプロムナード、道路へのしわ寄せはどう解決したのでしょうか。
郊外には北に向け立派な線路もつくられていました。
作ることが先で、あまり計画的な開発がされているとは思えないとガイドのニールさんがいわれていました。
ソウルより北西部はどんどん開発がすすでいました。
KAICHOの今日の鳥
2006年6月17日「コアジサシ」のページご覧下さい。
先ず野鳥に感心をもち野鳥達のおかれている状況を知って欲しい。とニールさんは言われています。
開発と自然環境保護について考えさせられる旅となりました。
e0043548_18301195.jpg

↑こんな風景をいつまでも残して欲しいです。

清渓川(チョンゲチョン)広橋上路上ライブ?
e0043548_2125257.jpg

[PR]
by NPHPID | 2006-06-19 21:26 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(4)

ソウル市内-明洞

韓国最大の繁華街明洞(miyondon)
南大門が日本の浅草風こちらは渋谷系でしょうか。
高級ブランド店やおしゃれなカフェなどが集まっている若者の街。
正面に南山公園にたつソウルタワーが見えます。
e0043548_10312237.jpg

公開ライヴのステージ前はすごい賑わいです。
e0043548_1032248.jpg

通りの真ん中に屋台が出ていて安いTシャツ、アクセサリーなどが売られています。
e0043548_10322514.jpg

[PR]
by NPHPID | 2006-06-18 10:34 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)

ソウル市内

郊外からソウル市内に戻ると一挙に渋滞の波。
信号の向こうに南大門が見えます。一体この交差点はどのように渡って行くのでしょうか。
e0043548_928014.jpg

KAICHOのドライブテクニックには釜山在住のニールさんもビックリ!お疲れ様でした。
渋滞が激しく皆スピードを上げて走っていますが不思議と事故現場にはであいませんでした。
韓流運転で渋滞をうまくかわしているのですね。
e0043548_9334923.jpg


街角ではワールドカップに向けて装飾中のビルもありました。
ワールドカップトーゴ戦韓国は逆転勝ち。
納得できます。今回の旅行で韓国の底力を感じました。

Samuraiブルーも世界野球を思い出し明日はガンバレ~!
[PR]
by NPHPID | 2006-06-17 09:37 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)

ソウル郊外

ソウルから北上途中で見かけた民家です。
面白い屋根だと思ったら壺を割ったものを重ねています。
e0043548_22471031.jpg



e0043548_2257267.jpg

[PR]
by NPHPID | 2006-06-16 22:57 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(2)

南大門市場

南大門市場の賑わい (2004年夏撮影)
山積みされた衣料品。サイズはどうやって確認するのかしら。
「日本円でもOK」と声をかけてくる人もいます。
e0043548_18274997.jpg



サイズ直しのミシンもみえます
e0043548_18281277.jpg



篭や乾物
e0043548_1828277.jpg

横町を入ると食堂街 見本が並べられています。サンプルを見ながら注文し店内で食べます。
e0043548_18284197.jpg


今回通りでカイコのさなぎをゆでたものを紙コップに入れて売っていました。
若いお嬢さんが何人も買っていましたが、美容によいのでしょうか。
さなぎその物の姿で日本の昔のお嬢さんはちょっと手が出ません。
[PR]
by NPHPID | 2006-06-15 18:44 | 韓国紀行 | Trackback | Comments(0)