NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

みちのく紅葉巡り-7 2017.11.7

会津若松 鶴ヶ城公園
難攻不落の名城とうたわれた鶴ヶ城は、戊辰の戦役で新政府軍の猛攻の前に籠城一ヵ月、
城は落ちなかった。
平成23年春には幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった日本で唯一の天守閣となりました。
お城の修復も終わり陽に輝いています。
母の故郷なので鶴ヶ城も何回かきています。
母方の親戚の白虎隊に参加していた鈴木某の肖像画が城内に飾られているのを見たことがあります
祖母や母には会津女の片鱗を伺うことができます。
母も会津が大好きです。

e0043548_09590619.jpg
茶室燐閣 の紅葉が見事でした
e0043548_09592912.jpg

e0043548_09594822.jpg
e0043548_10001458.jpg



[PR]
# by NPHPID | 2017-11-23 10:14 | Trackback | Comments(0)

みちのく紅葉巡り-6 2017.11.7


(福島県柳津市会津坂下)
「早朝の冷え込みが強かったのでとっても綺麗になりました。」
境内の落ち葉を掃いていた方が嬉しい悲鳴を上げておられました。
e0043548_20025214.jpg
e0043548_20031415.jpg
e0043548_20034559.jpg
e0043548_20041471.jpg

村松山虚空蔵堂茨城県東海村)・金剛證寺三重県伊勢市)などと共に日本三虚空蔵のひとつに数えられる
e0043548_10434244.jpg

e0043548_20044175.jpg



e0043548_20065925.jpg
e0043548_10424093.jpg


川幅の広い只見川を見下ろせます。

e0043548_20072495.jpg







[PR]
# by NPHPID | 2017-11-21 20:08 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)

みちのく紅葉巡り-5 2017.11.7

五色沼以前毘沙門沼から桧原湖へ向かって歩いたことがありますが
今回は逆から時間一杯行けるところまでの散策です。

e0043548_14263047.jpg
柳沼-青沼-瑠璃沼-弁天沼 

e0043548_14314150.jpg
丁度青沼で林の中から陽がさしてくるのが見えました。

e0043548_14320119.jpg
水面の色がコバルトブルーできれいです。
e0043548_14324712.jpg
弁天沼
e0043548_14330970.jpg

















[PR]
# by NPHPID | 2017-11-20 14:35 | 紅葉 | Trackback | Comments(2)

みちのく紅葉巡り-4

11/7朝食前に五色沼を散策
ホテルの桧原湖展望室より朝焼けを鑑賞
露天風呂からも桧原湖が見えるようですが入浴時間が遅く見られませんでした。
e0043548_14560949.jpg

e0043548_17185040.jpg
朝方の冷え込みで霜が降りていました。
e0043548_14153974.jpg


[PR]
# by NPHPID | 2017-11-20 14:22 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)

みちのく紅葉巡り-3

常磐道から郡山へ向かい 猪苗代湖、磐梯山がみえてきます。
既に16:30を過ぎあたりは暗くなっています。この暗さで紅葉は無理では
早く裏磐梯に向かった方が良いのでは。
18:00から紅葉ライトアップが予定されていますがまだ間があります。
色々思いながら「ツアーに組み込まれているので」素通りはできないのか
と思いながら到着すると既にライトアップされていました。
添乗員の方が電話でライトアップ時間を早めて下さいと依頼して下さったようです。

土津(はにつ)神社(福島県 猪苗代市)
会津藩祖・保科正之を祀った神社

境内にある亀石に載った石碑は日本最大のもので高さ7.3m、重量30tもあります。
暗闇のなか大きな亀の頭だけが見えました。


e0043548_20200074.jpg
e0043548_16292389.jpg


















早めの到着で五色沼散策ができると思っていたのですが明朝のお楽しみに
なりました。バスも数台止まっていて今晩は満室だそうです。
  翌日早朝の裏磐梯リゾートホテル
e0043548_16343247.jpg





[PR]
# by NPHPID | 2017-11-18 16:35 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)

みちのく紅葉巡り-2

国宝 白水阿弥陀堂(福島県いわき市)
******
平安時代後期の1160年(永暦元年)、当時のいわき地方の国主岩城則道(いわきのりみち)の妻徳姫(とくひめ)が、
則道の死後剃髪して徳尼御前(とくにごぜん)となり、菩提を弔うために願成寺と白水阿弥陀堂を建立したとされ、
堂内には国宝の阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)、観世音菩薩像(かんぜおんぼさつぞう)、
勢至菩薩像(せいしぼさつぞう)持国天像(じこくてんぞう)多聞天像(たもんてんぞう)の5体の仏像が安置されています。
 徳尼は奥州平泉藤原清衛(ふじわらきよひら)の娘で、白水の地名は郷里平泉の「泉」を「白」と「水」に分け、
白水阿弥陀堂は平泉の金色堂にならって建立されたと伝えられている。
******


e0043548_19540668.jpg
e0043548_19532220.jpg
阿弥陀如来が住まう極楽浄土を具現化した広大な浄土庭園の池の
周りの紅葉池に写った青空が美しい。
e0043548_19550530.jpg
境内の手前には常磐炭田発祥の地みろく沢石炭(スミ)の道を
歩いて歴史をたどる案内版がありました。

福島県猪苗代市土津神社(はにつじんじゃ)へ向かいます。


[PR]
# by NPHPID | 2017-11-16 20:05 | 紅葉 | Trackback | Comments(2)

みちのく紅葉巡り-1

担当者源泉の紅葉巡り 今回は初企画だそうです。
港南台発のツアーでゆっくり裏磐梯リゾート宿泊、も魅力で参加しました。
第1日目
花貫渓谷-白水阿弥陀堂-土津神社-猫魔温泉泊
第2日目
福萬虚空菩薩円蔵寺-鶴ヶ城-大内宿-塔のへつり-紅の吊り橋

花貫渓谷(茨城県高萩市)
羽田付近の事故渋滞にあい大幅に時間がかかりました。
紅葉が始まったばかりの様子です。
***** 

花貫渓谷沿いの小滝沢キャンプ場から汐見滝吊り橋付近の景色が見事です。
特に約60 メートルの長さの汐見滝吊り橋を渡ると、川沿いに生い茂る木々の枝が赤黄に染まり
紅葉を身近に感じることができ、眼下に見える汐見滝と相まって絶景を味わうことができ ..
*****

e0043548_20334830.jpg
e0043548_20461977.jpg





[PR]
# by NPHPID | 2017-11-14 14:16 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)

第5回大町お楽しみの旅-8

昼食はオーナーご夫婦お勧めの青崎前回は定休日で入れなかったとかで
ダムから電話で予約し席を確保
会計係りのやりくりで共有費で”天ぷらそば”を頂けました。
e0043548_17021269.jpg


















昼食後はオーナーが手伝いに行っているリンゴ園でりんごがり
 「採れたてのリンゴの美味しさ味わって見てよ。全く違うんだから」
種類別に一列に並んでいます。
収穫しやすい様に直立に植えているのでしょうか。初めて見ました。
 平林農園 のご主人は作業中と思いきや ダミーでした。

e0043548_13075865.jpg
e0043548_13081439.jpg
おばさんも・・・ 道路沿いの畑なので泥棒よけ
今はシナのジョアがお勧めと希望の個数をもぎます。
今は赤いい色が均一に付くようにリンゴを回転させる作業を手伝っているそうです。
e0043548_13082815.jpg
青崎でKちゃんご夫婦と別れりんご園後Y君も富山へ
残りの2台もそれぞれに中央高速をめざします。
神奈川組は春の宴会、その他は大町での再会を約束して解散となりました。
Sちゃんのぼけ行動が少々心配(笑)。ぼけずに元気で再会しようね!
オーナーご夫妻本当に有り難うございました。
    2年前まで吹き抜けだった天井は今年はふさがれていました。
      バーベキューコーナーを作ったり年々改良されていってます。
e0043548_17292945.jpg




[PR]
# by NPHPID | 2017-11-13 16:55 | Trackback | Comments(0)

第5回 大町お楽しみの旅-7

最終日は大町ダムを目指します。
槍ヶ岳を水源とする高瀬川に作られた高さ107mの重力式コンクリートダム。
*****

大町ダムは信濃川水系高瀬川に位置し、昭和44年8月に発生した大洪水を契機に計画が加速し、
洪水調節を主目的として建設された多目的ダムです。

高瀬川は、大町ダムから約25km下流で犀川に合流し、千曲川を流れ、
新潟県に入ると日本一の大河として知られる信濃川と名前を変え日本海へと注いでいます。
ダムから日本海までは約300km。
*****

e0043548_13062215.jpg
e0043548_13050969.jpg
e0043548_13064834.jpg

七倉ダムは堀削の際に出た自然石を組み上げた“ロックフィルダム”です。
高さは125m、ダム体積738万平方m。
石積み脇の階段を登ります。
e0043548_13071390.jpg

新高瀬川発電所の上部ダムとなる高瀬ダムは、日本で黒部ダムに次ぐ2位の高さ176m
、堤体積1140万平方mの規模の国内有数の自然石を積み上げたロックフィルダムです

e0043548_13072825.jpg
渓流釣のY君はこんな河原のよどみを探しながら上流へと進んでいくそうです。
1度釣ったところではもう釣れないのでよどみを探して登るそうです。
高倉ダムへは一般車は入れず七蔵山荘からタクシー利用となります。
当日はバス旅行の団体で予約は一杯でした。







[PR]
# by NPHPID | 2017-11-12 13:23 | Trackback | Comments(0)

第5回大町お楽しみの旅-6

2日目の夕食は庭でBBQ オーナー手作りテーブル、ブロック製かまど
オーナーはみんなが出かけている間足りない椅子の製作
       「お~なんとか間に合いそうだよ昼も食べてないよ~」
先ずは富山からのU君の渓流釣の釣果 岩魚
「一人2匹づつ食べられるように持ってきたから」
   シーズンに入ってから釣りためて冷凍保存してくれたそうです。
奥さんに邪魔にされてたのでは?  別立ての保冷庫があるでしょ・・・・
おぉ~の歓声!
e0043548_14063093.jpg



ビール片手にかまど当番H君「良く焼いて皮に焦げ目が付いたくらいがGOOD」
  「うまそう~」目が期待に溢れているN君 身が厚くふっくら川魚独特の臭みもありません。
e0043548_14071852.jpg
e0043548_14371982.jpg



キッチンで温めた骨酒ができました~
e0043548_14123793.jpg
口当たりも柔らかく甘くてとても美味しい。
          お酒が苦手なEちゃんもおいしぃ~。
3時半頃から始めたパーティーも日の陰りと共にぐんぐん冷えてきます。このお酒でしばらく外にいられるかな。
Sちゃんが家中の防寒服をみんなに配っています。何から何まで有り難う。
最後は鉄板にお肉や野菜を放り込んで豪快焼肉風野菜炒めの完成。 食べた人から部屋の中へ非難。
       最後の片付けは誰がやってくれたの・・・?!
 その後部屋のなかで宴会が継続したのですが 早く始まった分早くつぶれる人もいて 6時頃から寝た人やら
    夜中まで激論を交わしたひとやら。 
1ショウビン入りワイン3本は空。ビール オーナーの日本酒まで提供して頂いたとか。
賑やかで美味しく楽しい宴会となりました。
渓流釣りはかなり危険も伴うようです。
「U君気をつけてね。無理しないで 沢山釣ってね。次回も期待しているから・・・」


[PR]
# by NPHPID | 2017-11-09 14:34 | Trackback | Comments(0)