NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-12

浦河町の道路沿いダイナミックでモダンなデザインの門を見付け立ち寄ります。
優駿の門32頭の馬が乗っているそうです。
e0043548_1122279.jpg

郷土博物館 馬事資料館 (廃校になった校舎を利用)
昔の人々の暮らしの展示

e0043548_11281542.jpg

昔はここに通う子ども達がいて暮らしていた。
林業が主だったんでしょうか。馬を使っての切り出し。
e0043548_11283229.jpg

シンザンの父ヒンドスタンの剥製
e0043548_11291658.jpg

e0043548_1130206.jpg

日露戦争で日本軍は軍馬の力のないことを目の当たりにして
これではいけない軍馬の養成にに力を入れていったそうです。
それが現在の競走馬の生産へと結びついていったようです。
[PR]
by NPHPID | 2017-07-13 11:37 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nphpid.exblog.jp/tb/25911384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。