NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

北海道(新ひだか町)ちょっと暮らし-10

三石から海岸沿いを浦河町~様似町へと進みます。
その先は襟裳岬です。
アポイ岳ユネスコ世界ジオパークへ立ち寄ります。
アポイ岳は日高山脈の最南端に位置する標高810Mの山。
夕張岳、富良野岳と並ぶ北海道三大花の名山
e0043548_2119465.jpg

e0043548_2120125.jpg

810mという低標高にもかかわらず約80種の高山植物が生育し、
しかも亜種・変種・品種を含む固有種は20種近くに及び、
これほど固有種が集中する地域は世界的に見てもきわめてまれといわれています。
アポイ岳はかんらん岩でできた山で地質や海霧の影響を受け沢山の高山植物が
生育する。

花を求めて山に入られた方の車が沢山駐車していました。
コースの途中にはヒグマ出没の情報もありました。
古木にキツツキの開けた穴はありましたが留守のようです。
e0043548_2058059.jpg

ジオパークの学芸員の方から様似町の観音山で鳥が見られるかも知れない
と教えてもらい観音山をめざします。
お昼は途中のコンビニで北海道らしいお握りを購入し。
大きないくらおにぎり、マヨネーズアスパラベーコン(細いアスパラが入っていました)
e0043548_2134720.jpg

[PR]
by NPHPID | 2017-07-11 21:36 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nphpid.exblog.jp/tb/25908031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。