NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

新緑の鎌倉 円覚寺-2 なんじゃもんじゃ

六国見山から住宅街を抜け急な坂を登ると屋根の上に突然
雪を被ったような白い花の塊がみえます。
 なんじゃもんじゃ
   (モクセイ科ノヒトツバタゴ)
e0043548_11101829.jpg


e0043548_9464128.jpg

e0043548_946270.jpg

アップにしてみると可憐な細い花ビラの集まりです
e0043548_944016.jpg


2014、私のゴールデンウィーク!

ハイキング翌日の新聞に下記記事が掲載されていました。
********
茅ケ崎市甘沼の甘沼山成就院(じょうじゅいん)の境内で、
モクセイ科の「ヒトツバタゴ」が見ごろとなった。
白い小さな花が新緑の葉の上に密集して咲き、雪が積もったように見える。

 ヒトツバタゴは別称「なんじゃもんじゃ」。
人々が見慣れない木を「何というものか」と言ったことから名付けられたとされる。
同院の木は高さ約10メートルで、白い花房は長さ7〜12センチ。
********
[PR]
by NPHPID | 2014-05-06 09:52 | 鎌倉 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nphpid.exblog.jp/tb/21965177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。