NPHPブログ版

nphpid.exblog.jp
ブログトップ

八幡様の大銀杏


鎌倉鶴岡八幡宮の大銀杏が今朝4時頃根元から倒れたそうです。
高さ30メートル 早朝の強風に煽られ
秋の紅葉した銀杏の姿はもう見られないとは残念
e0043548_2173550.jpg



根がずたずたに切れ幹は空洞化していたそうです。
参拝客を見守っていたご神木の倒壊悲しいです。

**********
園樹木学が専門の浜野周泰東京農業大教授
「風に雪が混じった場合、その抗力は数倍になると言われている。
風雪で傾き、(重さを)支え切れなくなったと考えられる」と指摘する。
▽2月以降の多雨による土壌の緩み
▽水上げが始まる季節の前で、根が土壌と緊密化していなかった―などを間接的要因に挙げた。

 大銀杏の今後について、浜野教授は「根の状態から、回復は不可能と思われる」とした。
同八幡宮は「何とかしたい気持ちはあるが、技術的に可能かどうか。
さまざまな専門家の意見を聞いてから判断したい」と述べた。
******************** 
konchi様
みなさんが卒業後できた学園の歌「山のすがた」には
「♪~かぜにうそぶくおおいちょう~♪」 と歌われています。
e0043548_15285565.jpg



倒れた大銀杏をみにいった在校生の中には無惨な姿に泣きだした児童もいるそうです。
木造校舎が火事になった時のニュースを聞いてのショックを思い出しました。
[PR]
by NPHPID | 2010-03-10 21:14 | 鎌倉 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nphpid.exblog.jp/tb/12286821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KAICHO at 2010-03-11 01:01 x
いまだったら鎌倉幕府三代将軍源実朝も甥の公暁に暗殺されなかったかもしれませんね。
樹齢1000年にもなる古巨木が倒れてしまうとは、残念です。
Commented by だんだん at 2010-03-11 15:58 x
えっ!倒れた!?根元から!
寿命だったのでしょうか。
家からは遠いけど、八幡様は何度も行きます。

残念なことですね、とても。
Commented by NPHPID at 2010-03-11 18:01
☆~KAICHO~
私たち姉弟の初参り 学校生活
子供達の初参り成長を見守ってくれた大銀杏です。
台風や強風にも耐えていたんでしょうね。
Commented by NPHPID at 2010-03-11 18:04
☆~だんだんさん~
大銀杏を眺めながら長い階段を登っていたのに
本当に残念。
頼朝の鎌倉時代から見守ってきた樹木なのに・・・・・
Commented by konchi at 2010-03-12 10:20 x
私たちが、この世に命を受けてきて以来、ずっと優しく見守って来てくれたこの老師、彼の生涯で云えば、ほんの僅かな期間であったかも知れませんが、子供の頃から、その周りで遊んで来た私たちにとって見れば、全く、親を失ったときと同じ心境です。
残念でなりません!
Commented by NPHPID at 2010-03-12 14:34
☆~konchi様~
しばらく八幡様へ行けません。
記憶の中の大銀杏を大事にしたいです。